メインメニューを開く

Uncyclopedia β

竹之内波太郎

竹之内波太郎(たけのうち なみたろう、生没年不詳)とは、山岡荘八の長編小説『徳川家康』に登場する架空の人物である。またの名を「熊野若宮(くまのわかみや)」、中年以降は納屋蕉庵(なや じょうあん)と名乗る。

概略編集

ウィキペディアの専門家気取りたちも、あまりに荒唐無稽な「竹之内波太郎」の項目についてはいまいち筆が進まないようです。


南北朝時代の南朝の残党なのであるが、例えば黒田家における母里太兵衛後藤又兵衛石田家における島左近藤堂家における渡辺勘兵衛といった連中はもとより、作中、豪傑中の豪傑として描かれる徳川三人衆(本多忠勝榊原康政井伊直政)を遥かに凌ぐ使い手・強者の家来(と言うより、扶持も報酬も求めず奴隷的献身的に働く為「下僕」と呼ぶ方が相応しい)を多数従え、その影響力は東海地方一帯に及び、陰から遠江三河尾張伊勢等を実質支配しているかの様である。その文化人面をした上辺とは裏腹に、現在の暴力団首魁同様、中世東海地方の闇の支配者と呼ぶべきである。

徳川家康に天下を奪らせる為に側面・背面から暗躍。中年以降は何処から入手したのか出所不明の巨万の富を保持、その金額のでかさは当時の豪商の集まりであった会合衆九州豪商島井宗室らの資産を併せても叶わない程であり、その財力を駆使して、遂には家康をして天下を奪しめる。