メインメニューを開く

Uncyclopedia β

盆土産

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

盆土産 (ぼんみやげ) とは、三浦哲郎により執筆された少年のリアルな心情を描いた短編小説である。

概要編集

盆に、東京に出稼ぎへ行っていた父親がえびフライを持って家に帰ってくる。 少年は父親のことなどどうでもよく、えびフライだけに夢中になる。 父親が東京へと帰る時少年は父親を見送りに駅までついていったのだが、間違えて「さようなら」ではなく、ずっと考えていた「えびフライ」と言ってしまう。 父親は「わかってらぁに。また買ってくるすけ······。」と言ってからも何か言いたげだったが、男車掌に急かされ、結局父親は何も言わずに帰ってしまう。というストーリーである。

主要な登場人物編集

少年(主人公
えびフライに対し、異常なまでの執着心を見せる小学生。とにかくえびフライが大好きで父親よりもえびフライを待ち遠しく思っている。話の後半からは「父親=えびフライ運搬機」とすら思っている次第である。えびフライという単語を連発する。人はこのようなことを馬鹿の一つ覚えと呼ぶ。なお盆土産2では、家族によって精神科に行くことになる。
父親(えびフライ運搬機
最近は脱毛症に頭を抱える一家の大黒柱。家族のためにえびフライ運搬機へと転職した強者。えびフライ運搬機になることを決意したにも関わらず少年の一言により二度と家に帰ってこなくなる、シャーペンの芯ほどの心の持ち主。
祖母(歯が無い
歯がないことで有名。えびフライのしっぽをのどにつまらせるというお転婆キャラで通っている。盆土産2ではまたもやえびフライのしっぽを喉につまらせ窒息死する。
姉(小間使い
家の雑務を淡々とこなす姿から、通称小間使いと呼ばれている。父親が帰った際にはキャベツの千切りを高速で行うという荒業を見せており、ここから姉の真の実力が伺える。
喜作(スナイパー
腰に親父の土産と見られる何丁もの銃を仕込んでいる敏腕スナイパー。エビフライを狙撃しようとした。

モブじゃ無いぞ!

車掌(
父親をえびフライ運搬機に殺された怒りから、道端にを吐くという下劣な行為に走ってしまった悪党。彼の行った行為は到底許されることでは無く、読者に最も嫌われているキャラだといえるだろう。