メインメニューを開く

Uncyclopedia β

百地丹波

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「百地丹波」の項目を執筆しています。

百地 丹波(ももち たんばりん永正9年(1512年) - 天正9年(1581年)?)は、戦国時代忍者で、伊賀忍者たちのプレイングマネージャーである。

石川五右衛門の師匠とされる百地三太夫とは、どうやら別人らしい。

目次

経歴編集

ファイティングポーズはダテじゃない!編集

伊賀は周囲を山々に囲まれているため古くから村根性が旺盛な商工団体で、仁木ゴルフが伊賀へチェーン展開した際も非協力であった。 彼らはやがて仁木ゴルフを追い出すと、その中の服部時計店トーリン鉛筆、そしてももち吉の大手3社を頭とした40社以上の地元企業の集団による惣国一揆Berryz工房」を形成、時に安売り競争で争う一方、他県から進出してきた企業に対しては協力して、これを排除する方針を固めた。但し、これだけでは儲からないので、北隣の甲賀の惣国一揆と、東隣の文具・オフィス機器メーカー大手コクシを操業する北畠具教とは提携を結んだ。

百地丹波(以下、ももち♡)は、頭の3社のうちの「ももち吉」の頭領で、伊賀忍者たちがテレショップ番組で活躍するために、自ら切り込み隊長を買って出た人物である。まぁ、単に自分が目立ちたいのではないかとの疑念の声も、一部囁かれてはいるが・・・。

胸さわぎスカーレット編集

この体制は案外安定した日々を享受していたのだが、突然に脅かされる日がやってくる。それは、赤味噌を振興すべく力を付けた尾張織田グループの台頭である。織田は北のマムシドリンクの大手を傘下に収め、次に「コクシ」を乗っ取る。更に京都へ進出した後に、甲賀の企業を傘下に収めたのである。ももち♡はコクシ社長の具教とはおとももちで、会社の奪い返しに協力したのであるが、これが織田グループからコクシへ出向してきたバカ御曹司・織田信雄の逆鱗に触れた。

百地、許してにゃん♡体操編集

 
百地忍術流 謝罪のポーズ

信雄は非道なやりくちで伊賀へ進出するも、ももち♡は頭部左右に付けた"ももち結び"をカッターとして放つ必殺技「モモチスラッガー」を武器に一度はこれを撃退した。しかしこれが織田グループのCEO織田信長を本気にさせてしまい、10(テン)ショップ伊賀の乱が勃発する。これにはもはや降参するよりなく、ももち♡は「忍んじゃって、ゆるしてニャン♪」と謝罪したが、却って逆撫でする結果となってしまい、伊賀の地元企業は次々と潰され一揆は遂に解散(当人たちは「無期限活動停止」としている)に至り、伊賀はシャッター通り商店街と化してしまった。

ジリリ キテル編集

しかし、突然に再起のチャンスが訪れる。それは織田グループの取締役の一人である明智光秀クーデターを起こし、信長を魔界へ追放してCEOの座を乗っ取ったのであった。しかも、傘下企業の焼味噌製造会社社長である徳川家康が、混乱を収拾すべく自らの本社へ戻るための交通手段を求めて、部下のハットリくんの紹介で伊賀へやってきたのである。ももち♡はハットリくんと協力してこれを手伝うこととなった。

ありがとう おとももち編集

家康は大いに喜び、花畑牧場の傘下で半ば休業状態にあった会社「カントリー娘。」を「カントリー・ガールズ」と改め業務再開、ももち♡をそのプレイングマネージャーに抜擢したのである。伊賀国内の企業は他県との交流を余儀なくされたものの、こうしてシャッター通り商店街からの脱却を果たせたのであった。

その後、後進の指導へ熱心に取り組むと、自らで確立してきた立場をあっさりかなぐり捨てて引退、以後は幼児教育に携わっていくとした。

関連項目編集