メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

相対性理論 (量子力学)

242 バイト追加, 2011年8月19日 (金) 09:26
理論の詳細
相対性理論とは、[[時間]]と[[空間]]の理論である。[[四次元]]ではやたらとゆっくり流れる時間が、[[給食]]の時間や夏休みになると速く流れ去ってしまうことを発見した<ref>来日した時にTVアニメの[[サザエさん]]を観て、電波のように光速で移動すると時間が停止する事を発見したとする説が現在では有力である。</ref>アインシュタインは、これを定式化することに成功し、相対性理論を導いた。この理論によって、[[五次元]]では再び時間がゆっくりになるだけでなく、[[睡魔]]に襲われてしまうことが明らかになった。
また、時速40キロで走る電車の中で[[屁]]をすると、その隣にいる人にとっては「こいつ、この場で屁しやがった。くせぇw」と言うことになるが、通過駅からたまたま見ていた目のいい人にとっては「あいつ、時速40キロで移動しながら屁しやがったwワロスww」ということになることも明らかにした。
 
エネルギーをE、物質の質量をMとしたときに、aからアルファベット順に、
<math>E=Ma^2</math>,<math>E=Mb^2</math>,<math>E=Mc^2</math>,…
としていったところ、cが一番しっくりきたらしい。
==光より早く==
匿名利用者