メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

12 バイト追加, 2007年4月5日 (木) 19:07
編集の要約なし
==「姑」とは何か==
読んで字の如く「女」の「古」いものである。となると「婆(ばばあ)」とも近縁種のようであるが、その存在感や破壊力は並みの「婆」を軽く凌駕する。もしかすると「山ん婆」に近い生き物であるとも、想定されている。しかし近年、「「女」と呼ばずに「女性」と呼べ!」といった読んで字の如く「女」の「古」いものである。となると「[[ジェンダー理論]]の普及からして、(ばばあ)」とも近縁種のようであるが、その存在感や破壊力は並みの「婆」を軽く凌駕する。もしかすると「山ん婆」に近い生き物であるとも、想定されている。しかし近年、「「女」と呼ばずに「女性」と呼べ!」といった[[ジェンダー理論]]を自ら名乗るものが減少し、併せて「古」いことを隠すようなの普及からして、「女」を自ら名乗るものが減少し、併せて「古」いことを隠すような[[エステ]]や化粧や整形、例えば[[佐伯チズ]]によるもの、が広範囲に影響したため、いわゆる「女古」はその生体個数を著しく減らしたと考えられている。
==「姑」の黄金時代==
しかしほんの30年前まで、日本各地全国津々浦々に姑は生存していた。週刊誌には「姑のしごき」や「姑とのソリが合わずに」「ああ鬼嫁、姑に熱湯攻撃」など、いささかセンセーショナルな見出しが踊っていた。女性の人生相談の八割が「姑」に関するものであったし、女性が三人集まって悪口を言えば必ず「姑」の名前が口をついて出たものである。かくして高度経済成長期までは、ウサギ小屋と呼ばれた日本の庶民の生活の中では、姑がそばにいることは至極あたりまえのことであったし、「姑の仇を嫁が討つ」という、嫁と姑の見事な連係プレーも見られたのである。しかしほんの30年前まで、日本各地全国津々浦々に姑は生存していた。週刊誌には「姑のしごき」や「姑とのソリが合わずに」「ああ鬼嫁、姑に熱湯攻撃」など、いささかセンセーショナルな見出しが踊っていた。女性の人生相談の八割が「姑」に関するものであったし、女性が三人集まって悪口を言えば必ず「姑」の名前が口をついて出たものである。かくして高度経済成長期までは、[[ウサギ小屋]]と呼ばれた日本の庶民の生活の中では、姑がそばにいることは至極あたりまえのことであったし、「姑の仇を嫁が討つ」という、嫁と姑の見事な連係プレーも見られたのである。
==ババ抜きの時代==
15,659
回編集