「神奈川県」の版間の差分

201 バイト追加 、 2011年5月6日 (金) 16:58
編集の要約なし
'''神奈川県'''(かながわけん)とは、[[横須賀市]]、[[小田原市]]、[[伊勢原市]]、[[相模原市]]あたりを含む地域の名称。ときどき、[[町田市]]も入るらしい。この県の県民は「神奈川には神って文字が入るから一番えらい」などとほざいているが、それが原因でほかの地域、とりわけ[[神戸市]]から大きな反感をかっている。
昔は[[横浜市]]や[[川崎市]]も入ったが1985年に[[横浜県]]となった。[[小田原市]]が県庁所在地。
また、県章がどう考えても'''ちんこ'''に見える。(気になる人はググれ)
 
== 地名の由来 ==
神奈川県は古来から(現在でも)渡来系扶余族(朝廷により開拓棄民として送られた朝鮮半島亡命百済・高句麗族)人が最も多く住んでいる地として有名。現在の神奈川県にあたる地域を開拓したのは海路・大磯にたどりついた朝鮮系の渡来人であり、現在[[平塚市]]にある「高麗」という地名はその名残である。
現在跳梁跋扈している朝鮮ウリナラ族とはチョと違う。
 
その神奈川県には、かつて流域に扶余族(朝鮮系移住者が大量に住んでいたとされる韓川という名の川が実在した。その韓川から漢字が変化して神奈川となり、廃藩置県の折に現在の地名が付けられた。(相模という地名も有名であったが、[[相撲]]にしか見えないということで却下された)
 
ちなみに、現在の神奈川県民の人口の約4割が在日朝鮮人、3割が他地方出身者、残りの約3割が地元民(帰化朝鮮人)とされている。ちなみに、隣の横浜県の県庁所在地で1985年まで神奈川県だった[[横浜市]]周辺には[[横浜中華街|中国系渡来人の集落]]が散見される。
匿名利用者