メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

マーガリン

16 バイト追加, 2011年2月11日 (金) 18:29
編集の要約なし
{{ウィキペディア}}
'''マーガリン'''とは、次世代エネルギーとして注目されているとは、次世代[[エネルギー]]として注目されている[[燃料電池]]の開発の中で生み出された、水素吸蔵の開発の中で生み出された、[[水素]]吸蔵[[トリグリセライド]]である。
==歴史==
[[image:butter.jpg|thumb]]
世紀末に文部科学省が世紀末に[[文部科学省]]が[[燃料電池]]の安価な代用品を求めて行った募集で採用されたのがマーガリンであった。
==種類==
マーガリンには、A級とB級が存在する。それぞれ、水素吸蔵の性能に大きな差がある。また、近年技術進歩により、強化マーガリンというものも開発されている。これは、特に抗酸化作用が強く、小型にもかかわらず吸蔵能力が高いため、家庭用として用いることが期待されている。
===利点===
[[Image:Not Butter.JPG|thumb]]
非常に製造コストが安く、また、通常の水素吸蔵に用いられるバナジウム合金や希土類元素が非常に資源に乏しく、リサイクル製も低いという欠点があるものの、マーガリンには一切そのような制約が無い。通常の状態では水素の放出が起こらず、制御付加の際の事故率も非常に低い。非常に製造コストが安く、また、通常の水素吸蔵に用いられるバナジウム合金や[[希土類]]元素が非常に資源に乏しく、リサイクル製も低いという欠点があるものの、マーガリンには一切そのような制約が無い。通常の状態では水素の放出が起こらず、制御付加の際の事故率も非常に低い。
===欠点===
非常に脆く、また熱によって物理特性が大きく変わるという点で、車載には適さない、と考えられている。
46,607
回編集