「UnNews:「ボクシングやめたい。」亀田大毅が本音の猫パンチ」の版間の差分

編集の要約なし
(それでもまだニュースとして取り上げられる程度の話題性はあるんだね。)
 
次回のタイトルマッチに向けて絶賛減量中の大毅ではあるが、[[冬将軍]]の到来と共に鍋が美味しくなる季節だけに、思うように進まぬ減量に苦悶。今年に入ってからも父親の素行の悪さのとばっちりから不遇を強いられていただけに、溜まりに溜まった[[ストレス]]が[[マスコミ]]への[[パフォーマンス]]も兼ねて、いつものように噴出したものと思われている。
 
公開練習後の会見では、「オレの体格ではフライ級自体無理があるやねん。未だに[[明日のジョー]]の力石徹を引きずっている連中の、ボクサーといえばガリガリ痩せるまで減量という偏ったイメージにつきあわされるこっちの身にもなってほしもらたいわ。そもそも、三兄弟でボクシングをやればっとったら団子の歌みたいに話題になるといっちゅ安易な発想から無理矢理ボクシングをやらされた上に、言い出しっぺ本人が[[ドロップアウト]]した以上、や。これ以上続ける意味しゃーないしな。人を殴るどつくのは楽しおもろが殴らけど、どつかれるのは痛くてイヤだし、どんなに腹たっても蹴っ飛ばした頭突きもできず[[凶器]]も使えないからイライラするので、し。もうやめ。もうやめやめ。や。」と、これまでの鬱憤をはらすかのように、これまで同様、怒りを露わにした。
 
なお、今回の減量並び興業が失敗に終わった場合、大[[相撲]]への転向も囁かれているが、当日の会見では罵詈雑言ばかりで明確な回答は得られなかった。
匿名利用者