メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

バカ

27 バイト追加, 2009年9月22日 (火) 17:34
編集の要約なし
== 概要 ==
バカ(馬鹿)の名前が確認できる最初の文献は、古代[[中国]]の歴史書の[[史記]]である。その史記の記述によると、[[秦]]の二世皇帝の胡亥に対して、宦官の趙高が「珍しい馬がおります」として献上した動物がバカ(馬鹿)であった。馬と鹿の両方の特徴を持つその動物を見て、胡亥は「これは鹿ではないのか?」と言ったが、「これは馬です」と趙高が答え、群臣たちの間でもしばし論争になったと言われる。結局の所は、馬と鹿の中間の動物であるバカ(馬鹿)という事で決着したものの、趙高は後日、鹿だと答えた官吏を軒並み捕らえて処刑し、反対派粛正に利用したと言われる。の二世皇帝の胡亥に対して、宦官の趙高が「珍しい馬がおります」として献上した動物がバカ(馬鹿)であった。ウマとシカの両方の特徴を持つその動物を見て、胡亥は「これは鹿ではないのか?」と言ったが、「これは馬です」と趙高が答え、群臣たちの間でもしばし論争になったと言われる。結局の所は、ウマとシカの中間の動物であるバカ(馬鹿)という事で決着したものの、趙高は後日、シカだと答えた官吏を軒並み捕らえて処刑し、反対派粛正に利用したと言われる。
しかしながら、その後の歴史でバカが確認されたという記録は存在せず、長らくバカは架空の動物の扱いをされていた。趙高が反対派粛正に利用した事から、実は趙高が献上したのは間違いなく鹿であった(馬だという説明は全くの虚偽であった)というのも有力な説であった。
バカは多くのシカ科の動物と同様に、草食性で[[ウシ|牛]]のように4つに分かれた[[胃]]を持ち、[[反芻]]による[[消化]]を行う。また多くのシカ科の動物がそうであるように、バカのオスは枝分かれしたツノを持つ。成獣の体重は40kg〜80kgほどで、ニホンジカに近い。その一方で、蹄の形状はウマに酷似している。
そのバカ(馬鹿)の名前の通り、馬と鹿の中間の動物であるとして、長らく専門家の見解も一致していた。奇蹄目(きていもく)と偶蹄目(ぐうていもく)が分岐する以前の古い特徴を現在に残す動物ではないかという説が有力であった。そのためこの動物を奇蹄目と偶蹄目のどちらに分類するかについて、学会でもしばし論争となったが、蹄がウマに酷似する事から、バカは奇蹄目に分類する場合が多かった。そのバカ(馬鹿)の名前の通り、ウマとシカの中間の動物であるとして、長らく専門家の見解も一致していた。奇蹄目(きていもく)と偶蹄目(ぐうていもく)が分岐する以前の古い特徴を現在に残す動物ではないかという説が有力であった。そのためこの動物を奇蹄目と偶蹄目のどちらに分類するかについて、学会でもしばし論争となったが、蹄がウマに酷似する事から、バカは奇蹄目に分類する場合が多かった。
しかしながら近年の遺伝子の解析によって、間違いなくシカの近縁種であると確認された。そのウマに酷似した蹄は、収斂進化の結果であると結論された。そのため現在では鯨偶蹄目に分類されている。
== 逸話 ==
近年になって一般に知られた動物であるが、馬と鹿の両方の特徴を備えた動物として有名になった事から、話題には事欠かない。そのため、バカに関する逸話は数多い。近年になって一般に知られた動物であるが、ウマとシカの両方の特徴を備えた動物として有名になった事から、話題には事欠かない。そのため、バカに関する逸話は数多い。
*バカは風邪を引かない。
2,955
回編集