「相対性理論 (量子力学)」の版間の差分

411 バイト追加 、 2009年8月27日 (木) 00:49
(太平洋ー大西洋ー、こーこーいったい何平洋よー)
==理論の詳細==
相対性理論とは、[[時間]]と[[空間]]の理論である。[[四次元]]ではやたらとゆっくり流れる時間が、[[給食]]の時間や夏休みになると速く流れ去ってしまうことを発見したアインシュタインは、これを定式化することに成功し、相対性理論を導いた。この理論によって、[[五次元]]では再び時間がゆっくりになるだけでなく、睡魔に襲われてしまうことが明らかになった。
また、時速40キロで走る電車の中で[[屁]]をすると、その隣にいる人にとっては「こいつ、この場で屁しやがった。くせぇw」と言うことになるが、通過駅からたまたま見ていた目のいい人にとっては「あいつ、時速40キロで移動しながら屁しやがったwワロスww」ということになることも明らかにした。
 
==光より早く==
314

回編集