「アメ横」の版間の差分

394 バイト追加 、 2008年8月22日 (金) 01:33
 
== 日本テレビ系列で流出された分の展望 ==
テレビを通じて商店街の画像を流すことで、商店街自体の存在が広く知れ渡り、参加者が急増するきっかけとなった。
*1回目…球場の隅でひっそりと開店した。また、ほとんど早押し屋ばかりが軒を連ねた。
*71回目…通せ球場の隅でひっそりと開店。また、ほとど早押しばかりビンゴ大会同時に開催し連ねた。
*5回目…初めてアメリカ以外の国にも商店街を展開。
*9回目…[[ジャック・シラク|シラク大統領]](当時は市長)の圧力で、パリまで商店街を延伸した。
*6回目…店主が病気になったり、売上金が強盗に奪われたりしたため、「呪われた商店街」として話題に。
*7回目…通せんぼ屋がビンゴ大会を同時に開催。
*9回目…[[ジャック・シラク|シラク大統領]](当時・パリ市長)の圧力で、[[パリ]]まで商店街を延伸した。
*10回目…南アメリカ経由と北アメリカ経由の2種類に分岐する、新たな商店街モデルを確立した。
*12回目…南北アメリカ大陸全土に商店街を拡張した。アラスカ鉄道沿線周辺で行方不明者続出
*13回目…オーストラリア方面に延伸した。通せんぼ屋が、長時間いる客に疲れて寝てしまう事態が発生。
*15回目…店主が若旦那へ交代。「敗復」と叫んで半殺しにされる客が続出。
1993年、当時の日本テレビ会長が「自分ボクの趣味の範囲外じゃない」と述べたことから、画像の流出がくい止められてしまった。その後1998年に、{{検閲により削除}}を駆使して再流出を試みたが、じゃんけん屋が少ししか開店しなかったり、紙屋が用紙を忘れたり、通せんぼ屋がニューヨークに移転したり、泥んこ屋が西インド諸島にも開店するなど大波乱な画像ばかりであったため、流出の継続を断念した。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者