「アメ横」の版間の差分

430 バイト追加 、 2008年5月28日 (水) 23:22
編集の要約なし
'''アメ横'''(アメよこ)とは、[[東京]]から[[ニューヨーク]]まで続く全長約10860kmの[[商店街]]である。正式名称は'''「アメリカ横断ウルトラ商店街」'''。
 
決して[[上野]]や[[御徒町]]にある[[アメヤ横丁]]の略称ではない。
 
== 概要 ==
1万kmを越える長大な商店街であり、商店街に入れる人数がいきなり100人に絞られる。そして[[ニューヨーク]]までたどり着けるのはたったの2人。ニューヨークまで行くには'''「知力、体力、時の運」'''が必要とされる。途中で脱落した者は'''「東京直行」'''の札を付けられて[[罰ゲーム]]が課されるが、東京に戻れるかどうかは一切不明である。
ちなみに、ニューヨークの店に到着しても買えるものは、満潮になると沈む島だったり、自動車の組み立てキットだったりと微妙なものばかりである。
 
東京側からこの商店街に入るときに、'''「ニューヨークに行きたいかぁ!」「オー!!」'''という掛け声を言いうのが習慣となっている。なお、東京側の入り口は[[東京ドーム (建物)|東京ドーム]](昔は[[後楽園球場]])である。
 
この商店街は常に[[防犯カメラ]]で監視されており、[[日本テレビ]]系列で日本全国([[佐賀県]]と[[沖縄県]]を除く)に画像が出回るので、たとえニューヨークまで行けなかったとしても[[有名人]]になれる。
 
また、[[エクストリームスポーツ]]の競技としては、国内開催であるにもかかわらず、[[トライクタスロン]]に次ぐ参加規模を有しており、'''「超人はトライクタスロン、一般人はアメ横」'''ともわれている。ただし、エクストリームスポーツとしては珍しく死者をだしていない(行方不明者は多数)。これについては、'''「生き地獄」'''という裏コンセプトがあるのではという噂が立っているが、明確な理由は不明である。[[エクストリーム・オリンピック]]の際には「大感謝キャンペーン」と銘打ち、罰ゲームの多発・過激化が実施される。
 
しかしながら、非常に危険な商店街であることに変わりはない。そのため、参加資格は18歳以上(高校生不可)と定められている。もし高校生が忍んでいた場合には、店主が機嫌を損ねて、'''「[[全国高等学校クイズ選手権]]にでも行けや!!」'''と怒鳴り散らしてしまう。よい子はマネをしてはいけない。
「世界一長い商店街」「世界一ハードな商店街」として[[ギネスブック]]にも掲載された。
 
「世界一長い商店街」「世界一ハードな商店街」として[[ギネスブック]]にも掲載された。
 
== 見どころ ==
* [[東京ドーム (建物)|東京ドーム]] - オーロラビジョン屋。商店街への入場は狭き門である。
* [[成田市|成田]] - [[じゃんけん]]屋
* 成田→[[グァム]] - [[紙]]屋。店主の機嫌を損ねると[[飛行機]]から降りた途端に[[ブザー音]]が鳴って強制的に機内に戻される。
* グァム - [[泥]]屋。浸かってしまうと'''[[アタック]]では落ちない。無論[[トップ]]でも落ちない。'''
* [[ハワイ]] - [[飛び込み]]屋。演技を競うわけではない。
* [[マラソン]]屋 - スパルタ指導を受ける羽目になる。
* 大声屋 - 自分の恥ずかしい[[プライベート]]を叫ばされる。
* ばら撒き屋 - 店主が'''「[[ハズレ]]」'''という文字を見せて'''「これを何と読む?」'''という告げる商談が有名。
* 通せんぼ屋 - 店主が人々を通せんぼする難関。ただし、機嫌をとることで道を譲ってくれる可能性がある。
* [[ニューヨーク]] - パンナムビル屋上の[[露店]]。[[ヘリコプター]]で招待される。
匿名利用者