メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

お年玉

356 バイト追加, 2008年4月27日 (日) 10:24
表記を「子ども」に統一
'''お年玉'''( - としだま)とは、[[中学生]]以下にとっては、唯一の以下の子どもにとっては、唯一の[[収入源]]である。一方その裏では、保護者(製造者)の巧みな[[罠]]も仕掛けられている。ここで、それをどう切り抜けられるかがポイントなのである。も仕掛けられている。ここで、子どもにとってはその魔の手をどう切り抜けられるかがポイントなのである。
{{ウィキペディア}}
==お年玉の落とし穴==
それはやはり[[銀行]]と呼ばれる、大人にとっては[[安全地帯]]で、子どもにとってはいわゆる[[奈落]]である。というのは、銀行から金を引きおろせるのは、親という製造者のみ。つまり、ここに入ってしまえば、子どもは指を咥えて見ていることしかできない。誰にも邪魔されない、親の聖地と呼べよう。である。なぜなら、銀行から金を引き卸すことができるのは、親という製造者のみだからである。つまり、ここに入ってしまえば、子どもは指を咥えて見ていることしかできない。預金を引き出す方法を知らない子どもは、いつかその金を使いたくなるような場面に遭遇しても、ただ何もできず途方に暮れるのみである。誰にも邪魔されない、親の聖地と呼べよう。
==罠の数々==
*「うん!母さん!」
何とも微笑ましい 会話(talk)であろうか。だが、子どもはよく考えるべきである。こんな、千円、二千円、一万円も少なくはないが、将来の為に役立つだろうか?無論。無駄な話だ。それに、将来の貯金ならば、おおよそ親が既に実行済みだろう。何とも微笑ましい 会話(talk)であろうか。だが、子どもはよく考えるべきである。こんな、千円、二千円、一万円も少なくはないが、将来の為にどれだけ役立つというのだろうか? 無論、微々たるものでありほとんど意味をなさない。それに、将来の貯金ならば、おおよそ親が既に実行済みだろう。
本当に将来の為の金が必要なら、こんな遠回しな言い方はしない。では何故、こんな風に言うのか。答えは簡単、自分の金が欲しいからである。祖父母の金すらも巻き上げ、全て自分のものにするべく戦略を立てているのだ。
 *「子供がそんなにお金を持っていると、お巡りさんに捕まるわよ」「子どもがそんなにお金を持っていると、お巡りさんに捕まるわよ」
*「えーっ、そんなの嫌だ!」
*「じゃあ、大人の人に預けないとね」
*「うん、そうするよ」
'''これは完全なる罠である。'''子供が大金を持っていたら捕まるなんていう法律はない。お年玉で子供財政が潤っているこの時期、子供が普段より少しばかり多いお金を持っていて何の不思議があろうか。たしかに注意ぐらいはされるかもしれないが、それで捕まることは絶対にあり得ない。大体そうなればお年玉で大金を与えている人が犯罪の原因ということになるではないか。子どもが大金を持っていたら捕まるなどという[[法律]]はない。お年玉で子ども財政が潤っているこの時期、子どもが普段より少しばかり多いお金を持っていて何の不思議があろうか。たしかに注意ぐらいはされるかもしれないが、それで[[逮捕]]されることは絶対にあり得ない。大体、お年玉で大金を与えている人がそもそも犯罪の原因ということになるではないか。
==対処法==
==一言==
 '''健闘を祈る健闘を祈る。'''
==関連ページ==
匿名利用者