メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

マーガリン

58 バイト追加, 2008年2月10日 (日) 03:54
編集の要約なし
'''マーガリン'''とは、次世代エネルギーとして注目されている[[燃料電池]]の開発の中で生み出された、水素吸蔵[[トリグリセライド]]である。
==歴史==
[[image:butter.jpg|thumb]]
世紀末に文部科学省が[[燃料電池]]の安価な代用品を求めて行った募集で採用されたのがマーガリンであった。
==種類==
==利点と欠点==
===利点===
[[Image:Not Butter.JPG|thumb]]
非常に製造コストが安く、また、通常の水素吸蔵に用いられるバナジウム合金や希土類元素が非常に資源に乏しく、リサイクル製も低いという欠点があるものの、マーガリンには一切そのような制約が無い。通常の状態では水素の放出が起こらず、制御付加の際の事故率も非常に低い。
===欠点===
匿名利用者