メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

マーガリン

78 バイト追加, 2007年10月28日 (日) 14:52
DEFAULTSORT
{{ウィキペディア}}
'''マーガリン'''とは、次世代エネルギーとして注目されている[[燃料電池]]の開発の中で生み出された、水素吸蔵[[トリグリセライド]]である。
==歴史==
このように、'''マーガリン'''は非常に優れた水素吸蔵トリグリセライドであるが、これを一部の人が食用に用いる場合がある。仮にも電池の構成部品であるため、常識的に考えれば食用に供するはずがないのだが、異食症(赤白帽のゴムを食べたりペン先をなめる行為)の一症状ではないか、と考えられる。
{{stub}}
{{stubDEFAULTSORT:まーかりん}}[[Category:食品]]
7,805
回編集