「アメ横」の版間の差分

1,853 バイト追加 、 2007年9月5日 (水) 23:16
編集の要約なし
'''アメ横'''(アメよこ)とは、[[東京]]から[[ニューヨーク]]まで続く全長約10860kmの[[商店街]]である。正式名称は'''「アメリカ横断ウルトラ商店街」'''。
'''「アメリカ横断ウルトラ商店街」'''。
 
== 概要 ==
東京側からこの商店街に入るときに、'''「[[ニューヨーク]]に行きたいかぁ!」「オー!!」'''という掛け声を言い合うのが習慣となっている。東京側の入り口は[[東京ドーム (建物)|東京ドーム]](昔は[[後楽園球場]])であり、世間に流布している[[上野]]や[[御徒町]]というのは間違いである。
 
1万kmを越える長大な商店街なだけって東京から商店街に入れる人数がいきなり100人入っに絞られる。そしニューヨークまでたどり着けるのはたったの2人である。ニューヨークに行くには'''「知力、体力、時の運」'''が必要とされる。途中で脱落した者は'''「東京直行」'''の札を付けられて[[罰ゲーム]]が課されるが、東京に戻れるかどうかは一切不明である。
ちなみにニューヨークの店につい到着しても買えるものは、満潮になると沈む島だったり自動車の組み立てキットだったりとビミョー微妙なものばかりである。
 
この商店街は常に[[防犯カメラ]]で監視されており、[[日本テレビ]]系列で日本全国([[佐賀県]]と[[沖縄県]]を除く)に画像が出回るので、たとえニューヨークまで行けなかったとしても[[有名人]]になれる。
 
また、[[エクストリームスポーツ]]の競技としては、国内開催であるにもかかわらず、[[トライクタスロン]]に次ぐ参加規模を有しており、'''「超人はトライクタスロン、一般人はアメ横」'''とも言われている。ただし、エクストリームスポーツとしては珍しく死者をだしていない(行方不明者は多数)。これについては、'''「生き地獄」'''という裏コンセプトがあるのではという噂が立っているが、明確な理由は不明である。[[エクストリーム・オリンピック]]の際には「大感謝キャンペーン」と銘打ち、罰ゲームの多発・過激化が実施される。
 
「世界一長い商店街」「世界一ハードな商店街」として[[ギネスブック]]にも掲載された。
 
== 見どころ ==
* [[東京ドーム (建物)|東京ドーム]] - オーロラビジョン屋。商店街への入場は狭き門である。
* [[成田市|成田]] - [[じゃんけん]]屋
* 成田→[[グァム]] - [[紙]]屋。店主の機嫌を損ねると[[飛行機]]から降りた途端に[[ブザー音]]が鳴って強制的に機内に戻される。
* グァム - [[泥]]屋。浸かってしまうと'''[[アタック]]では落ちない。無論[[トップ]]でも落ちない。'''
* [[ハワイ]] - [[泥]]屋
* [[ハワイ]] - [[飛び込み]]屋。演技を競うわけではない。
: ハワイから;以降ニューヨークまではいろいろなルートがあるので迷子にならないように注意。
* 奇襲屋 - 突然出現するゲリラ[[屋台]]。客に焦燥や不眠を誘発させる。
* 3択屋 - 洗濯屋とよく間違えられる。
* [[早押し]]屋
* [[マラソン]]屋 - スパルタ指導を受ける羽目になる。
* 大声屋 - 自分の恥ずかしい[[プライベート]]を叫ばされる。
* ばら撒き屋 - 店主が'''「[[ハズレ]]」'''という文字を見せて'''「これを何と読む?」'''という商談が有名。
* 通せんぼ屋 - 店主が人々を通せんぼする難関。ただし、機嫌をとることで道を譲ってくれる可能性がある。
* [[ニューヨーク]] - パンナムビル屋上の[[露店]]。[[ヘリコプター]]で招待される。
なお指示が出るまでは、'''「敗者復活」「敗復」'''といった言葉をむやみに言わない方がよい。なぜなら、店主に殴られるからだ。
 
== 関連項目 ==
 
{{東京}}
 
{{スタブ}}
 
 
{{DEFAULTSORT:あめよこ}}
[[Category:商店街]]
[[Category:クイズ]]
[[Category:エクストリームスポーツ]]
匿名利用者