メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ピンジャ

107 バイト除去, 2017年11月4日 (土) 23:36
-temp等
'''ピンジャ'''(英語 Clinja)とは、[[ピエロ]]と[[忍者]]の混血のことである。彼らはしばしばショッピングモール、[[高速道路]]、[[軽自動車]]の中などで目撃される。
1台の[[ダイハツ・ムーヴ]]の中におよそ90体のピンジャを乗せることができる。戦術的に見れば、これは70体が限界のピエロと比べると大きな優位点である。ピンジャはピエロと忍者の混血児として両方の[[超能力]]を併せ持ち、あわせてスーパー・パー{{禁則事項検閲により削除}}
==生態==
[[パーティー]]では、ピンジャは明るく陽気な[[生物]]である。多くの親にとって悩ましいことに、ピンジャは子供の誕生日パーティー手当たり次第に選び、[[自転車]]用の警笛を鳴らしながら[[天窓]]を破って会場に飛び込むことを楽しみとしている。彼らはまた伝統的に、派手な色をしたボールを子供に投げつける習慣がある。このボールの中には、パーティグッズとして[[リシン]]<ref><small>毒ガスの一種</small></ref>、[[VX|VX神経ガス]]、[[AOL]]の無料ソフトなどが入っている。ピンジャの投げるボールは非常に正確で、命中すると脳震盪、貧血、[[AIDS]]、B型肝炎、そして信じられないほどの大爆笑を引き起こす。ピンジャの親子はこうした物体を手当たり次第になげつける。
[[:en:Pin the Tail on the Donkey|「Pin the Tail on the Donkey」]]<ref><small>欧米版の福笑い。目隠しをしてロバの絵に尻尾をつける</small></ref>はもう一つのお気に入りのゲームである。幸いなことにこの遊びは、普通は軽傷を負うだけですむ。しかし、もしPin the Tailが聴衆にウケなかった場合、ピンジャ親子は[[:en:HaHaKatana|HaHaKatana]]を持ち出す。HaHaKatanaの力は、ピンジャが「より下位の存在」に対して持っている得体の知れない憎悪によるものだとも言われるが、これが事実であるかどうかははっきりしない。むしろ、単に彼ら特有のジョ{{禁則事項}}を持ち出す。HaHaKatanaの力は、ピンジャが「より下位の存在」に対して持っている得体の知れない憎悪によるものだとも言われるが、これが事実であるかどうかははっきりしない。
パーティーが終わると(普通これは[[警察]]が駆けつけたか、標的がいなくなったことを意味する)、ピンジャはうやうやしくお辞儀をし、その場を爆破して立ち去る。楽しいピンジャのために、道路はきちんと整備しておかなければならない。このことで{{禁則事項}}が駆けつけたか、標的がいなくなったことを意味する)、ピンジャはうやうやしくお辞儀をし、その場を爆破して立ち去る。楽しいピンジャのために、道路はきちんと整備しておかなければならない。
[[Image:Clinjamonkeys.jpg|thumb|right|猿ピンジャをパーティに呼ぼう!]]
多くのピンジャが移動手段として[[一輪車]]を使う。これにはいくつかの理由がある。ピンジャの大半が地面を歩くと呪われると信じており、移動時は地面に触れないようにしているのだ。この移動方法はまた、彼らが自分たちの力をみせつける役にも立っている。一輪車は[[度胸]]や頑健さを要求されるからだ。こうしたことから考えれば、ピンジャ恐ろしい存在であり、けして些細な{{禁則事項}}や頑健さを要求されるからだ。こうしたことから考えれば、ピンジャ恐ろしい存在である
現在、[[:en:Mach 3 Triple Bladed Katana|三枚刃刀]]の[[著作権]]が[[サムライ]]、[[忍者]]、ピンジャの3者で争われている。それぞれが[[仔猫吸引]]によって発明したと主張しており、それゆえ事実がどこにあるのか全くわけのわからない状態である。
==ピンジャ保護活動==
[[Image:Sh3_bunny.gif|thumb|ポップカルチャー風に描かれたピンジャ]]
ピエロと忍者の両方の[[伝統]]を守るが故、ピンジャの履く黒い隠密靴はひどく大きい。悲しいことにこの靴はひどく滑稽で騒々しく、ピンジャの隠密能力を極端に下げるうえ、屋根から転落して[[死]]ぬ原因にすらなる。こうした問題のためにピンジャは希少な生物となってしまっている。近年、ピンジャ保存活動が行われ、ピンジャにタグをつけ、靴に粘着テープをはりつける作業が進んでいる。一方、「ピンジャの権利」を主張する団体はこの活動には反対している。ピンジャ自身がこの努力をどう感じているかは誰にもわからないが、彼らを研究しようとするあらゆる努力は思わぬことに、不幸な{{禁則事項}}ぬ原因にすらなる。こうした問題のためにピンジャは希少な生物となってしまっている。近年、ピンジャ保存活動が行われ、ピンジャにタグをつけ、靴に粘着テープをはりつける作業が進んでいる。一方、「ピンジャの権利」を主張する団体はこの活動には反対している。ピンジャ自身がこの努力をどう感じているかは誰にもわからないが、彼らを研究しようとするあらゆる努力は思わぬことに。
現在、[[:en:Hot Ninja Babes|Hot Ninja Babes]]とピンジャの混血に関する研究が進行中である。これにより大きすぎる靴を巨大な大きな胸によって均衡させるためである。もちろん、ピンジャと[[:en:Hot Ninja Babes|Hot Ninja Babes]]の交配が上手く行ったことはない。これが大変な浪費であるとする批判も多い。なにしろこの作業には大量の[[猿]]と、時間と、なによりこの宇宙の{{禁則事項}}...おや、こんな時間にピザ屋かな?
==訳注==
10,121
回編集