メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

大文字焼き

6 バイト除去, 2015年8月23日 (日) 22:38
編集の要約なし
ナチスの記録映画『オリンピア』さながらの光景であった。この事件によって再び「大」の字がフィーチャーされ、大文字焼きを50円で売るヤクザな商売が復活した。とはいえ庶民も昔と違って余裕があるので普段はみんな小麦粉がたっぷりの、野菜も肉も入ってしっかりソース味のついた[[お好み焼き]]を食べ、大文字焼きはたまに夜祭りで屋台が出たときに見るくらいのいわば「ハレ」の食べ物となった。
 
==現在==
大文字焼きの屋台は全国各地の夏祭りで出され、みんなが目にする風物詩となっている。特別な機会にしか見られないので大文字焼きがあるとだいたいどこの土地でも珍しがって人が集まり、喜ばれる。ただし例外があって、[[京都]]人は性格がひねくれているため、大文字焼きという言葉を耳にするだけでも嫌な顔をする人が多い。そういうときに「大」の字の右斜め上に小麦粉で点を打つと、京都人でもニンマリして買ってくれる場合がある。たいてい[[京都大学|京大生]]である。
{{DEFAULTSORT:たいもんしやき}}
 
[[Category:食品]]
[[Category:火]]
[[Category:焼き]]
[[Category:行事]]
[[Category:粉もの]]
[[Category:日本の文化]]
[[Category:文字]]
3,434
回編集