メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

エクストリーム・脱税

7 バイト追加, 2014年12月7日 (日) 01:34
部門・等級について
個人部門で言えば、<del>貧乏級</del><ins>フライ級</ins>から<del>億万長者級</del><ins>ヘビー級</ins>まで等級があったが、今日では[[無職]]でも課税対象となる所得を得る事が容易になったため、<del>無職級</del><ins>ストロー級</ins>と言う等級も新設されている(後述)。
一方、法人部門も軽量級から超重量級まで等級分けが行なわれており、超重量級には[[トヨタ自動車]]、[[日立製作所]]や[[パナソニック]]など世界に名だたる大企業が参加資格を持っているが、参加してしまうと大変な祭りになり兼ねないらしいので、競技は殆ど行われていない{{Softbank|ってホントかな?}}。リーマンショックによる100年に一度の不況で一時的ながら絶好の競技環境が生まれたため、。[[リーマン・ショック]]による100年に一度の不況で一時的ながら絶好の競技環境が生まれたため、[[2009年]]1月から3月にかけて、税金繰延資産の取り崩しや構造改革費用の積み増し、評価損計上などで赤字額をどれだけ巨額にできるかという公開競技が超重量級を中心に行われた。
===得点について===
46,607
回編集