メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

マーガリン

160 バイト追加, 2007年6月10日 (日) 05:54
編集の要約なし
'''マーガリン'''とは、次世代エネルギーとして注目されている[[燃料電池]]の開発の中で生み出された、水素吸蔵[[トリグリセライド]]である。
==歴史==
世紀末に文部科学省が[[燃料電池]]の安価な代用品を求めて行った募集で採用されたのがマーガリンであった。
==種類==
マーガリンには、A級とB級が存在する。それぞれ、水素吸蔵の性能に大きな差がある。また、近年技術進歩により、強化マーガリンというものも開発されている。これは、特に抗酸化作用が強く、小型にもかかわらず吸蔵能力が高いため、家庭用として用いることが期待されている。
匿名利用者