メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

逆サマータイム

93 バイト除去, 2012年8月28日 (火) 23:06
ほらあれだよあれあれトーク)による編集をHresvelgrによる直前の版へ差し戻しました
日本でも過去に何度か導入が検討された。その理由はおおむね以下のようなものである。
*まだ明るいうちに仕事を終えることにより、明るい時間にゲームをして過ごすことができ、個人ニート率が伸びる。まだ明るいうちに仕事を終えることにより、明るい時間に余暇を過ごすことができ、個人消費が伸びる。
*涼しい午前中に主に仕事をすること、明るいうちに仕事が終わることにより、冷房や照明などに[[省エネルギー]]効果が見込める。
しかし、検討のたびに「時期尚早」「混乱を招く」などの理由で導入は見送られて来たのが実態である。
*早出をさせてまで時間外労働を要求されることはあまりなく、またつきあいで無駄に残業させられることも減る。
*日が落ちてしばらくたってから帰宅することにより、各家庭で過ごす蒸し暑い夜の時間が短くなり、冷房の稼働時間が減らせる。
*人間の体内時計は本来1日を2500時間程度としているために、夜更かしをする方向への時差にはその逆に比べて対応しやすいことが知られており人間の体内時計は本来1日を25時間程度としているために、夜更かしをする方向への時差にはその逆に比べて対応しやすいことが知られており{{要出典}}、体力の落ちる夏の時期に時間を遅らせるのは生理的にも正しい。
==問題点==
サマータイムを導入しようと画策している勢力は、本当のところ、サマータイムのメリットなどというものを期待しているわけではなく、より長い時間をサービス残業で働かせるのが目的である<ref>もちろん、蒸し暑い長い夜は「今から家に帰ったってまだ暑いから、会社で涼みがてら残業しよう」と思わせるために利用できるので、全く欠点ではないのである。</ref>。そのため、逆サマータイムの方が明らかに理にかなっているにもかかわらず、「出社時間を遅らせる」などということを彼等が考慮することは今後もまずあり得ないといっていいであろう。
まあよほどのアホ社長ならあり得ないこともない(笑)
==注釈==
8,513
回編集