「神奈川県」の版間の差分

197 バイト除去 、 2012年4月10日 (火) 22:17
編集の要約なし
{{ウィキトラベル}}
{{chakuwiki}}
'''神奈川県'''(かながわけん)とは、[[横須賀市]]、[[小田原市]]、[[厚木市]]、[[相模原市]]あたりを含む地域の名称。ときどき、[[町田市]]・[[多摩市]]・[[稲城市]]も入るらしい。[[藤沢市]]・[[茅ヶ崎市]]・[[鎌倉市]]とかは湘南県、[[箱根町]]は箱根県なので間違えないように。この県の県民は「神奈川には神って文字が入るから一番えらい」などとほざいているが、それが原因でほかの地域、とりわけ[[兵庫県]]から大きな反感をかっている。
昔は[[横浜市]]や[[川崎市]]も入ったが1985年に[[横浜県]]となった。[[小田原市]]が県庁所在地。
また、県章がどう考えても'''ちんこ'''に見える。上品なネタで言うとムンクの叫びに見える。(気になる人はググれ)
 
== 地名の由来 ==
神奈川県は古来から(現在でも)渡来系扶余族(朝廷により開拓棄民として送られた朝鮮半島亡命百済・高句麗族)人が最も多く住んでいる地として有名。現在の神奈川県にあたる地域を開拓したのは海路・大磯にたどりついた朝鮮系の渡来人であり、現在[[平塚市]]にある「高麗」という地名はその名残である。
現在跳梁跋扈している朝鮮ウリナラ族とはチョと違う。
その神奈川県には、かつて流域に扶余族(朝鮮)系移住者が大量に住んでいたとされる韓川という名の川が実在した。その韓川から漢字が変化して神奈川となり、廃藩置県の折に現在の地名が付けられた。相模という地名も有名であったが、[[相撲]]にしか見えないということで却下された。車のナンバーが相模ナンバーだとマジで苦労します
 
ちなみに、現在の神奈川県民の人口の約4割が在日朝鮮人、3割が他地方出身者、残りの約3割が地元民(帰化朝鮮人)とされている。ちなみに、隣の横浜県の県庁所在地で1985年まで神奈川県だった[[横浜市]]周辺には[[横浜中華街|中国系渡来人の集落]]が散見される。
 
なお、2005年に清川村と愛川町が合併し、神奈川市が誕生している。厚木市は神奈川市を併合しようと企んでいる。
 
==県民性==
ほぼ全員が引きこもり、または立てこもりであり、他県のことをほとんど知らない。というか、興味がない。特に[[東京都]]に対する興味のなさは国内最強レベルである。[[Image:yamanote_kanagawa.png|thumb|300px|一般的な神奈川県民の脳内東京都路線図。]]
*県民の9割は、東京初体験が大学受験の時か就活の時
*社会人になっても都内の地下鉄路線図をまったく覚えられない。[[地方出身者]]に笑われるレベル。「なんでオマエらそんなに東京に詳しいの??」
 
明治5年、東京の[[新橋]]と横浜の[[桜木町駅|桜木町]]の間に[[鉄道]]が開通する。当初は、貿易拠点となる横浜港の近くにだけ駅が設けられたが、正式開業時に神奈川にも駅を追加した。だが、貿易拠点となった横浜の台頭は目覚しく、後には神奈川を飲み込み、この地域を統括するようになってしまう。そして昭和3年に神奈川の駅は消滅して、神奈川は横浜の一部に没落した。しかしそれは駅の話であり実際には横浜県と神奈川県に別れている。
 
ちなみに現在、「[[東神奈川駅|東神奈川]]」という[[JR]]の駅がある。こちらは大正時代に出来たにもかかわらず、神奈川の駅が消えても傍若無人である。
[[神奈川区]]は横浜が神奈川県だったころのなごりである。
 
*[[東横線]]
*[[京浜急行電鉄]]
 
 
{{神奈川県}}
21,458

回編集