メインメニューを開く

Uncyclopedia β

熱帯夜

熱帯夜(ねったいや)は、日本各地で夏の夜に不定期で開催される火祭の一種である。ちなみに、最低気温が25度を超えていることでもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「熱帯夜」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

主に7月〜8月にかけて夜間に開催される。神社で神木を燃やして聖火を炊き、夏の暑さに感謝を捧げる。また人々は暑さに感謝している印としてエアコンを使用たり、換気をしたりして屋外に熱を放出し、自ら暑さを作らんとする。このような努力をしても短時間で気温を上げるのは不可能なことを示し、暑さへの畏怖と敬意を示すのである。

起源編集

起源には諸説ある。最も有力な説としては、様々な農作物に甘みをもたらす夏の暑さに感謝する農業祭から発展したという説があげられる。他にも、その熱で母親のイザナミノミコトを火傷させ、殺してしまったと伝えられる火の神・軻遇突智神を讃える神道の祭事から発展したという説や、ギリシャ神プロメテウスを讃える祭事がもとになったという説、さらにはルームエアコンであるうるるとさららを売るためのダイキン工業の営業戦略であるという説もある。

開催日編集

開催日数は不定期であるため年によって異なるが、「夜間の最低気温が25℃以上であること」という一応の開催基準が定められている。2012年東京では年間49回開催された。上記の基準のため、都市部や沖縄で多く開催される傾向にあり、平年開催日数は東京で27.8日、大阪市で37.4日、那覇市ではなんと99.0日なのに対して、仙台市では年1.4日、札幌市ではなんと30年間に3回しか開催されていない。

祭りの流れ編集

開会の儀式編集

 
開会の儀式の様子

この祭りは神社の神木の欠片で火を起すことから始まる。火が点いたら徐々に大きな薪に燃え移らせてゆき、最終的には右の写真のような巨大な聖火となる。この巨大な聖火が現れると祭りの開会が宣言される。

人々の参加編集

開会が宣言されると、多くの人々は祭りの開催によって一時興奮状態となり、寝床に就いていた人々も目を覚ます。人々は聖火が少しでも長く燃え続けるように尽力しなければならないため、換気をして部屋の暖気を放出したり、エアコンを作動させて室外機から熱を放出するなどし、なるべく気温が高く保たれるよう努める。また、パソコンの電源を入れて熱を放出する人も少なくない。こうすることで、神社へ出かけなくても祭りに参加したこととなる。

フィナーレ編集

聖火が小さくなり、消えそうになると、人々には呼吸を抑えて空気中の酸素濃度を高め、最後まで聖火を消さないようにすることが求められる。そのため、自宅警備員以外の人々は睡眠を取る。これにより次第に参加者が減る。そして聖火が消え、日が上ると閉会が宣言される。

問題点編集

この祭事は適当な開催頻度を守れば異常な気温上昇は起こらない。しかし最近になり開催日数が爆発的に増加したため、世界規模で気温が上昇し、ヒートアイランド現象や地球温暖化の原因になっていると主張する気象学者が現れた。これにより気象庁は熱帯夜の開催及び参加を控えるよう呼びかけているが、「地球が温暖化して海面が上昇したら、都心が海に近くなり、ヒートアイランドは解消されるだろう」という意見もあるため開催日数は減少するそぶりを見せていない。

関連項目編集

  この記事、「熱帯夜」は、地球温暖化によって、文字が溶けてしまい、厚みがなくなりました。
あなたたちの1つ1つの努力で、この記事を元の姿に戻しましょう! (Portal:スタブ)