メインメニューを開く

Uncyclopedia β

池尻大橋

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池尻大橋」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「池尻」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「大橋」の項目を執筆しています。

池尻大橋(いけじりおおはし)とは、東京の地名。東急田園都市線の起点渋谷駅の隣の池尻大橋駅付近を指す。

渋谷は「アニメオタクには入りがたいヤングの街」と呼び習わされている。こうしたヤングならざるアニオタらの必至な抵抗にもかかわらず、年々密度の濃くなっている渋谷の空気は、渋谷だけにとどまらず、次第に周辺に拡散してきた。特に五島慶太以来の東急帝国の渋谷至上主義によって、田園都市線周辺は汚染度が高く、渋谷臭さがバラまかれているままである。こうして渋谷の空気に従属する形でハッテンして来たのが池尻大橋である。

目次

池尻大橋:イケ尻の章編集

愚にもつかない唐変木(とうへんぼく)なインチキ辞典ウィキペディアでは、「池尻大橋」は、「玉川線時代には、世田谷区池尻町に「玉電池尻」電停があり、目黒区上目黒に「大橋」電停があった。このほぼ中間地点に作られたことから池尻大橋の名が付けられた。「池尻大橋」という名の橋は無い。いわゆる複合駅名である」なんて事が書いてあるけれどデタラメである。正確に言うと「玉電池尻」の箇所だけが事実である。「」であり「」である。賢明なるアンサイクロペディアン諸氏はもう理解されたであろう。「玉」と「尻」がこの町の特徴なのである。

池尻大橋は上記のような複合駅名ではない。地名の「池尻」と「大橋」が合体した駅名というのはいいげんな都市伝説である。ここで少々下世話なことを書かせていただきたい。昨今、容貌のよい男性をそのツラから評して「イケ面」と呼ぶことがある。勘違いされている向きが多いが、これは実は江戸時代から続く「古語」であり、その用途はその当時も今もあまり変わっていない。「」を指せば「イケ面」であるが、「」を指せば「イケ尻」である。渋谷であぶれたホストやその他の男たちが、尻を丸出しにして、いたいけな婦女子をイケ尻で誘惑したのがこの地の名称の始まりだと考えられる。その尻たるや一列に並ばせると壮観なもので、尻が鈴なりとなって橋のように並んだから「イケ尻大橋」という説もあるが、「大橋」の部分は俗諺(ぞくげん)である。

イケ尻は必ずしも婦女子をメロメロにさせ、いたずらにたらしこむばかりではなかった。今はなき「玉電」と言えば、その名が呼び寄せたのか、多くのホモとかゲイの人とかが使用していたことで知られる。加えて「イケ尻」ときたら彼らの心にときめくものがあったのであろう。常夜灯に集まる蛾のように彼らは惹きつけられ、ここで多くの恋のアバンチュールがハッテンしたとも、言われている。

池尻大橋:Oh!hachisch!の章編集

さて「大橋」の語源には色々と謬説が飛び交っているであろうが、「イケ尻」が危険でヤバい恋を示すのと合わせるようにここでの「大橋」は「Oh!hachisch!」が語源である。先に述べたように、渋谷はある種の危険な薬が当局の目をかいくぐって取引されていることで知られている。例えば、2006年日本の良心を自認する素晴らしい新聞社の社長ご令息大麻の取引を行っていた件で現行犯逮捕されるほど、渋谷の路上は犯罪の温床となっている。しかし、ある種の麻薬の取引が渋谷で行われているという情報は既に陳腐なものであり、いささか旧聞に属する。

実際には戦後の闇市の時代から、渋谷でブツを売買するのは三流であり、もう少し機転が利く連中は渋谷から一つ先の「池尻大橋」で売買をしていたらしい。「大麻」なんて単語を使えばすぐバレるから、彼らはボードレール以来のフランス語「hachisch(ハッシシ 大麻の意味)」でそれと分からぬようにブツを手配していたのである。しかもこのブツを手に入れた時の喜びの声「Oh!(オー!)」が加わって「Oh!hachisch!」→「オー!ハッシシ!」→「オーハシ」→「大橋」となったようである。

異説として「池尻」は「イケ尻」ではないという説がある。麻薬売買となったこの地域ではガセ情報も多く飛び交い、上等な品だと思ったらまがい物だらけの三流品をつかまされることも少なくなかったらしい。ヤクをやってラリることを俗に「飛ぶ」とか「行く(逝く)」と言うが、「行けない」或いは「行けず」入りの粗悪品が多く出回っていることで、「行けず・入り」→「行けじり」→「イケジリ」→「池尻」となったという地名学者もいる。

ともあれエロスの殿堂「イケ尻」、ヤクの魔窟「Oh!hachisch!」の二大悪所がまとめられて「池尻大橋」になったという説は、決定的なものであり、揺るがないようである。

池尻大橋の現在と未来編集

エロとヤクまみれのイメージが先行した池尻大橋は近年めざましい浄化作戦が進んでいる。今まで池尻が世田谷区、大橋が目黒区と異なる行政区に置かれていたせいで、犯罪撲滅の共同歩調がとりにくかったのだが、この点は大きく改善されている。というのもこの駅の近くにある駒場東邦中学校・高等学校私立光坂高等学校といった高偏差値の超進学校に子弟を通わす父兄が、悪の道に染まらないように行政機関に徹底的な申し入れをしたためであった。我が子の将来を憂う父母の情熱には頭が下がる思いである。

明るい未来を夢見る教育熱心なご父兄のお気持ちに水を差すようで申し訳ないが、池尻大橋駅のある東急田園都市線の未来について、非常に不気味な噂が流れていることを付言してこの項を終わらせることにしたい。「2029年には池尻大橋駅は廃止にされ、駅舎は完全に内装が剥がれていて、残骸ともいえる悲惨な状態になっている。噂ではグルーの巣窟になっている」。 このあたりについては東急田園都市線 (未来)の項を確認せられたい。

関連項目編集