メインメニューを開く

Uncyclopedia β

気合

この気合は一応馬鹿にはなっていますが、文章構成など変なところがたくさんあります。
早くりっぱな馬鹿にしちゃってください。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「気合」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

気合(英:spirit)とは、人間の身体から発生するエネルギーの一種である。SI単位には存在しない概念であり、日本独自とまではいかないが、日本人、特にアニマル浜口に多い。

目次

定義編集

気合は、体の部位に対してどれだけの根性をかけたかをエネルギーとして表した物である。気合の単位はJ(ジュール)で表される。一般に、体の部位にはたらく重力をN(ニュートン)、各部位の根性をm(メタル、mettle)とすると、

 

という式が成り立つ。このJが気合である。

歴史編集

高度経済成長期の日本において、気合は最も重要なエネルギー資源であった。しかし、当時はまだ科学的に気合を捉えることは難しく、行われていなかった。そこで、当時内閣総理大臣だった池田勇人氏やその協力者たちが考え出した単位がこれである。その成り立ちもあり、近年では「あの頃は気合でどうにかなる時代だったかもしれないが、今はそうもいかない」や「そもそもエネルギーとして表すこと自体が間違っているのでは」という意見もあるが、誰も気にしない。またアニマル浜口氏は気合について国民に問いかける役目を自ら志願した。最近では狂死上司がこの気合を根拠にできないことを無理矢理やらせようとする傾向が強い。

考え方編集

  • 初期
    ラマダーンの最中の人々は食事を極端に減らしているのに動くことができる。したがって、

成人1日の摂取・消費カロリーを2200kcalとすると、J換算で2200000×4.2=9240000 約9240000Jとなる。

断食で食事量が3分の1になったと仮定すると、摂取したエネルギーは

9240000×1/3=3080000(J)

よって3080000-9240000=-6160000の不足分が生じる。これを補う6160000Jが気合である。このような考え方が当初は広まっていた。しかしこの方法では、測定する人の食事量を監視する必要がある上、断食できない人は測定できないという弱点があった。

  • 現在
    現在では、いろいろな単位の定義の変更に伴い、気合の考え方も変わるようになってきた。気合は体の各部位が発揮する根性(単位m,mettleの頭文字)の総量であると定義付けられ、これによりあらゆる人間の気合を求められるようになった。根性は見ればわかるし、体積は体重からだいたいの値がわかるので、現在も日本国内で気合が測定されている。

気合によってできること編集

 
気合エネルギーを全力で発揮する小学生
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目編集

  この項目「気合」は、内容が足りません。このままでは驚くべき証明を書く余白が残ってしまいます。内容を充実させてくれる人を探しています。 (Portal:スタブ)