メインメニューを開く

Uncyclopedia β

愛子さま

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!
Tennnouninnka.jpg
畏クモ天皇陛下ハ御自ラ全臣民ノ爲ニ
本項ノ全内容ヲ天覽遊ハサレタリ
Naval Ensign of Japan.svg 大本營認可
本項ノ全文章及全内容ハ完全ニ正シキ事實トシテ大本營ニ依リ認可セラレタリ
全臣民ノ爲ニ畏クモ現人神タル天皇陛下ハ御自ラ本項ニ御目ヲ通サレ給ヘリ
此ノ項目ノ内容ヲ疑フハ現人神タル天皇陛下ヲ疑フト同義ニシテ
誤リタル思想ヲ持ツトセラルヽ場合ハ政治犯思想犯トシテ内亂罪ノ對象トス
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「愛子内親王」の項目を執筆しています。
「愛子さまなんて飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。」
愛子さま について、リオ・マリーニ曹長
「「愛子さま」ってカワイイ。TVに出てくると、つい「カワイイィィィィ!」って叫んでしまう。」
愛子さま(カワイイ顔) について、荒木飛呂彦(ジョジョの奇妙な冒険78巻にて)

愛子さま(あいこさま、平成13年(2001年12月1日 - )とは日本のプリンセス。しかし、現実とは厳しいものであり、ヨーロッパのかっこいい王族(現在はほぼ残っていない)やアニメエロゲに出てくる王女との開きはあまりにも大きい。しかし、いくら失望したからといって、自暴自棄になって表立って検閲により削除クや、チョメチョメ想などと言ったら最後、尊皇派の怖いお兄さんに頭をブチ抜かれるかもしれないので注意が必要であるが、愛子さま可愛いよ愛子さまー!!アレな人達に言われている。幼女に見えるが実は検閲により削除

実はハタ皇子子供であるとする説もある。

125代も続く天皇家の末裔であり、現在父親が天皇だが、その次の当主は秋篠宮殿下、その次は悠仁さまとなる予定だ。 権利で言えば愛子さまが次期当主であったが、愛子さまは上に説明した通りの風貌であり、しかも女性であるので、このまま当主に推しちゃっていいものかという懸念もあり変更された。

でも割と本人はどうでもいいようである。

目次

概要編集

愛子さまは2008年、一般市民でいう初等教育を受けられておられた年齢でおられた。見ての通りのバキューン!!容貌ではあるもののそれなりによくやっているらしいと思っていたら、男系継承を支持する男子児童によるテロに遭っていた。

愛子さまは明仁の孫であり、徳仁であるからして、本来は将来天皇となるべき人間であった。しかし、皇室典範という、戦前は憲法に匹敵するぐらい重要だったものの戦後は普通の法律と同じ地位に貶められた法律によれば、女は天皇にはなれないということである(この法律では一族に婿取りは出来ないそうな)。そこで時の首相小泉純一郎は皇室典範改正に着手するが、八木秀次とかいうホモとそのお仲間たちが「天皇はやはりだぁぁ!!!」「(天皇家の遺伝子を継ぎずらい(意訳))女を帝にするとは何事か!!!」などと喚きたてながら首相官邸に乱入してきたためここに皇位継承問題 (平成)が発生した。しかし、女系派と男系派が口角泡を飛ばしながら議論している最中に会津女が子を孕み、悠仁を出産したため、とりあえずお開きになった。

しかし、雌伏してこそいるものの、女系派が完全に諦めたわけではなく、何かの拍子に全面戦争が勃発、悠仁との対決という可能性も無きにしもあらず。

彼女は愛子という一見ごくありふれた名前であるが、『孟子』の一節「仁者は人を愛し、礼ある者は人を敬ふ。人を愛する者は人恒に之を愛し、人を敬ふ者は人恒に之を敬ふ」に拠るものらしい。西郷隆盛の座右の銘「敬天愛人」にどことなく似ている。関連性があるものであるかどうかなど、詳細は調査中。

人望編集

先のことは判らない、俗に言う「女は化けるもの」であるならいよいよ判らないであろう。ただ某国の王子みたいに麻薬や戦地へ出かけるといって騒ぎになったりはまず無いだろうから、パパラッチからの人望は皆無と思われる。

逸話編集

  • 産まれたときから既に目が開いており、髪も歯も生え揃っていた。
  • ご生誕なされた瞬間に「おい、お前チョメチョメ」と言ったとか言ってないとか。
  • 担当した医師はそのあまりの顔立ちに、見なかった事にして中に戻そうとした。そのため、自力で出てきた。どんな顔立ちだったか医師から聴取した文書は、重要機密として国立国会図書館に厳重に保管されている。
  • 母親は愛子さまの顔を見てなぜか鬱病になってしまった。ちなみに、母親は派手な顔立ちであるが、愛子さまは父親似の地味でバキューン!!な顔立ちである。というより父親は祖父似で、祖父は亡き曾祖母似なのだが。
  • 別のクラスの男児から乱暴(乱交)に遭い不登校になった事から性格は母親似である事が判明した。
  • 彼女には流産によって死んだがいる。1999年に彼が胎児のとき、母親がベルギーワインをがぶ飲みしまくって体調を崩したせいで、稽留流産となった。
  • この一家に共通した事柄であるが、攻撃魔法が使えるらしい。
  • 愛子さまの得意魔法は「パルプンテ」。
  • SUMOUをご覧になるのがご趣味であり、力士の名前を丸暗記してしまったとか。愛子さまのパワーすげーな、おい。
  • 琴光喜私設応援団MITSUKI BOYSのリーダーを務め、心の弱いミッキー兄さんを背後からサポートする。将来は金髪タオルで応援するのが夢だとか。
  • 最近は野球にも興味を持ち、2009年にヤクルト横浜戦を観戦した際に、案内役の若松勉元ヤクルト監督に「左打者が左投手を打つのは難しいでしょうね」と質問し、7歳にして左右病を発病していることが発覚してしまった。
  • また、愛子さま自身もKIを操ることができる。
  • しかし、いくら巨大な魔力を持っているとはいえ、まだ物の分別もつかない子供である。観戦中にをほじっているところを週刊新潮に取り上げられ、某ネット掲示板を中心に笑いものになり、さらに翌日、悠仁の出産で愛育病院に入院していた紀子の見舞いに行った際、紀子・悠仁母子の放つ凄まじい聖なるオーラに耐えられ無かった余りに発狂し、「やめろよ~!」と叫び、かなり話題になった。なんというか情けない限りである。なお、この内容を巡っては頭の固いことが売りの百科事典において宮内庁ソックパペットアナーキスト左翼編集合戦を繰り広げ、とうとう保護されることになった。
  • 母親のいい意味でも悪い意味でもリア充な頭脳と叔母のオタクセンスを兼ね備えた日本最高位のオタクである可能性が高い。

関連項目編集