メインメニューを開く

Uncyclopedia β

もしかして: 変人

恋人(こいびと)とは都市伝説の一種である。

言葉として聞いたことはあるが、誰一人として実際見た者はいない。そのため、主に違う言葉の見間違いであると思われる。稀に友人などから恋人などを紹介されることがあるが、大抵の場合は一種の冗談である。往々にして放課後職員室に恋人であったり、もしくはちょっと体育館の裏まで恋人である場合が多い。

それ以外の場合は主に一人の人物を指す場合が多い。 世間一般に知られている意味合いとしては「自分を愛してくれる相手」となる。 しかし、恋愛の項目で記述されている通り、実際は「誰かを愛してる私(俺)ってカッコイイ!」となるため真の意味で「愛してくれる相手」は皆無であるため、間違った意味合いが広まってしまった言葉の一つである。他には小癪なども間違った意味で使われているケースが多い。


目次

お口の恋人編集

この言葉ははるか昔からテレビで流れ続けているとある企業のフレーズであるため、そのイメージからどす黒い上に義理と打算にまみれた食物「セツ子!それ、おはじきやんか!!」などが想像できると思われる。しかし、それは大きな間違いである。

正確には、奥地の濃い人である。 現在は二代目であり、初代奥地の濃い人は1970年代後半から80年代にかけての少年達のいたいけな冒険心を弄んだ満足させた人物である。しかし、現在の濃い人も顔と存在感の濃さは初代を凌駕している上、その伝説とも言える演出はますます健在であり、元いたいけな少年たちから絶賛されている。

白い恋人編集

これも正確に言うと「白い濃い人」である。 すなわち、せがた三四郎のことである。

最近では吉本興業が売り出している面白い恋人、これも正確にいうと、面白い濃い人などの類似のものから、シェアの圧迫を受けている。

白い濃い人製造元の石屋製菓は事実を重く受け止め、吉本興業相手に訴訟を起こして勝訴した。

石屋製菓側が勝った理由は吉本興業所属の大物タレントが・・・・・・・・・ためである。

南くんの恋人編集

これは、恋人=濃い人であるため、同じ図式で濃い人仮面ライダーであるという図式が成り立つために生まれた誤解である。

つまり、南光太郎が変身する仮面ライダーBLACKのことである。

夏の恋人編集

1981年にリリースされた長渕剛7枚目のシングルである。 これは、本人の願望を歌ったものであり、その後、彼がどれぐらい濃い人になったかはあえて語るまい。

その他編集

そのほかにも、チャタレイ夫人の恋人や、恋人も濡れる街角など、様々な恋人がいるが、往々にして違う言葉の見間違いである。

関連項目編集