メインメニューを開く

Uncyclopedia β

広島焼き

広島焼き(ひろしまやき)は、広島で行われる拷問のひとつである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「広島焼き」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

広島は人々が荒々しく抗争の絶えない風土であるため、敵対組織の構成員に対する尋問、拷問が発達した。中でも最も効果のあった拷問は「広島焼き」と言われ、他地方出身者に恐れられた。 しかしある時大阪民国から派遣されたスパイによりその情報が流出し、僅かな一部ではあるが、その実態が解明されつつある。

内容編集

広島焼きの名前については、その恐ろしさとともによく知られているが、その内容を知るのは広島出身者に限られている。広島住民は家庭でその内容を教えられるものの、拷問として効果的であること、酸鼻を極めるものであることから、他地方出身者への口外を禁じられているためである。

広島では、「広島焼き」という語を耳にした際には強い語調で「それは何か。そのようなものは存在しない。」と存在を否定するよう、初等教育で教えている。

解明編集

大阪民国のスパイが伝えた資料によれば、鉄板を熱しつつその上でアミノ酸から構成される物体を乗せていたという。また、人道的配慮と称し、炒めたキャベツの上にて踊らせているとも言われる。 しかしその全貌は未だ解明されておらず、現在は大阪民国において大阪焼きという拷問で広島出身者から問い詰めているという。しかし、本場出身者にはあまり効果がなく、むしろエセ拷問として バカにされているようだ。

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目編集


  隆太「ラわーん! あんちゃん、この広島焼きはまだ書きかけじゃあー! シゴウしたるぞ!」
元「なんじゃと! くやしいのう、くやしいのう。お、おどりゃなんとかせんかい! 誰でもいいけえ、加筆してつかあさい。」 (Portal:スタブ)