メインメニューを開く

Uncyclopedia β

安西黒平

安西黒平(あんさいくろへい)は、面白いことが大好きな、ちょっぴりドジで間抜けですっとこどっこいの小学4年生。勉強がまったく出来なくて、いつもくだらないことばかり言っている、アンサイクロペディアの非公認マスコットである。

 
_______ 
\            \
/______    | 
|  へ へ \ |   __________________________
|  の の  レ   /
|   も    |6      やあ!僕の名前は安西黒平!よろしく!!
|    V    |       みんな、アンサイクロペディアにおける愛をしっかり読んでね!
  \___/      \__________________________


目次

キャラクター編集

  • ほんわか村立のほほん小学校に通う小学4年生の男子である。
  • バカ田大学付属中学校(偏差値-273.15、理論上の絶対最低偏差値を誇る超難関バカ私立)への合格を目指して日夜バカを磨いている。
  • 面白い話が大好きだが、自分で面白いことを言おうとしても全くうけない。
  • 面白いことは何一つ言えないが、マトモなことも何一つ言えない。
  • 同じクラスの義一くんにはネタをダメ出しされ、ハメ子さんにはマトモなことを言えと言われ、どちらも出来なくていつも泣いている。
  • アンサイクロペディアにおける愛が愛読書である。
  • おともだちからは、愛情を込めてDear安西黒平と10回連続で呼ばれる。「ディアアンサイクロヘイ、ディアアンサイクロヘイ、ディアアンサイクロヘイディア、アンサイクロヘイディア、アンサイクロヘイディア、アンサイクロペディア・・・」。

おともだち編集

募集中である。

アンディくん編集

  • 黒平と同じクラスの男子。
  • スイス人格闘家とアメリカ人芸術家とのハーフ。
  • 日本語をあまり知らないため、長文で話せない。いつも短文である。
  • たまに面白いことも言うが、短文なため義一くんやハメ子さんに長文で話せと怒られている。
  • 黒平とはいじめられっ子同志で慰めあっている。
  • ほんわか村に不法滞在しているとされ、強制退去させられるかもしれない。

いじめっ子編集

義一くん編集

  • いつも黒平のネタが面白くないと言ってダメ出しするいじめっ子。
  • 黒平と同じクラスの男子。ハメ子さんとともに学級委員を務めている。
  • 超天才エリート校の名門、ウィキペ学園小等部から転校してきた。ウィキペ学園では二軍の補欠であったが、転校当時ウィキペ学園の制服を着ていたことで評判になり、即座に学級委員に抜擢される。
  • 自分では面白いことは何も言わないが、人のお笑いを批評してダメ出しするのが大好き。
  • 自分では面白いことは何も言わないが、お笑いを目指す新人の芽を摘んでいる。
  • 自分では面白いことは何も言わないが、「面白い」「面白くない」を決めたがる。
  • 口癖は「ひねりがないネ」
  • 将来の夢は「イングヴェイ」。受けを狙ったのか本気で言ったのかは定かではない。
  • 黒平の脳みそ足りらりらんなところが鼻について仕方ない。

ハメ子さん編集

  • いつも黒平がルール通りしないと言って枠にハメたがるいじめっ子。
  • 黒平と同じクラスの女子。義一くんとともに学級委員を務める。
  • とにかく何事もハメるのが大好き。
  • 夜は風俗店で働き、ハメられている。得意技は「マットプレイ」
  • いつもくだらないことを言っている黒平のことを、真面目まっすぐ人間に更正させるのが自分の使命だと信じている。

はるお編集

  • 黒平と同じクラスの男子。
  • サル以下の知能。いつも鼻を垂らしており、黒平よりも勉強が出来ない。
  • 三度の飯よりシールを貼るのが大好き。家中シールだらけである。
  • 義一くんやハメ子さんと一緒に黒平をいじめている。
  • 人の顔や頭やお尻やおちんちんなど、所構わずシールを貼ってくる。剥がしても剥がしても貼ってくる。それはもう何かにとりつかれたように。ひとたびはるおにシールを貼られた者は、貼る剥がすの低レベルで不毛な戦いを強いられ、やがては諦めてシールを受け入れて人生を送ることになるという恐ろしい攻撃を持っている。
  • 人にシールを貼るのは大好きだが自分が貼られるのは大嫌い。一度はるおが顔にシールを貼られたことがあったが、貼る剥がすの低レベルで不毛な戦いが繰り広げられ、ついに貼ろうとする者を諦めさせた。はるおは頭は悪いが、低レベルで不毛な戦いになれば自分が有利だということだけは、本能的に知っているようである。

先生編集

かもめーる校長編集

 
かもめーる校長
  • のほほん小学校の校長先生。黒平の一番の理解者。
  • かなりの高齢だが、優しく誇り高い紳士である。温かい目で生徒たちを見守っている。
  • ひよこ陛下の遠縁にあたるらしい。ひよこ陛下より遡ること8代前のご先祖様の第八子の末裔とのことである。
  • 夏場になると挨拶回りで大忙しである。
  • ご高齢にもかかわらず毎朝の飛翔訓練を欠かさない。毎朝、暁の港に現れては、孤独に翔んでいる。港の灯りが消えて朝日に変わる頃に去っていくという。
  • 口癖は「人は一人では生きられないんだよ」
  • きんし先生の活躍ぶりに戸惑いを覚えている。

きんし先生編集

  • 黒平のクラスの担任。生徒たちには先生ではなく師匠と呼ばせている。
  • カツラではないかとの疑惑をもたれているが、そのことに触れた者は皆粛清されている。
  • あれダメ、これダメと禁止するのが大好きなスパルタ教師である。
  • のほほん小学校に着任するやメキメキと頭角を現し、のんびりとした校風を殺伐とした雰囲気へと変化させた。

関連項目編集


 
歴史的文書
安西黒平は、何故か見逃されていた記事として、アンサイクロペディアの創設に尽力し、歴史的な意義があろうと「面白くないものは全部消してしまえ」という乱暴な人たちと、全く面白くなかろうが、「歴史的に価値があるなら残してしまえ」という横暴な人たちとの、血で血を洗う醜い抗争を残した記事です。
どうかこの文書を汚さないで下さい。