Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「呂不韋」の項目を執筆しています。

呂不韋とは、中国の著名なコイン収集家である。

略歴編集

もともと各地を旅する行商人だったが、商売を重ねる中でコイン収集に目覚める。全財産を叩いて全国各地から希少なコインを集め、やがて世界的に有名なコインコレクターとなった。

その後コイン好きが高じて政治の世界に潜り込み、ついには自ら貨幣を発行できる立場にまで至ったが、職権を乱用して希少貨幣を横領していたことが発覚して自滅した。

コインコレクター・呂不韋の言葉編集

彼の残した言葉は今なおコイン収集家の金言として受け継がれている。

奇貨居くべし編集

穴のない五十円玉や、刻印のズレた貨幣、形が崩れている貨幣などは、見つけたらとりあえずとっておくと、後々とんでもない値が付くことがある。

一字千金編集

印刷ミスは一文字につき千金の価値がある。彼は市場に張り紙を出し、一文字でも印刷が間違ったコインがあれば千金で買い取ろうと持ちかけたが、結局一枚も集まらなかったと言われる。エラーコインというのは、それほどまでに希少だということである。

関連項目編集