口裂け女

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「口裂け女」の項目を執筆しています。

口裂け女 (くちさけおんな) とは昭和期に一世を風靡した不審者の一種である。

概要編集

大きな白いマスクをつけた女性が、下校途中の生徒に「わたしきれい?」と話しかけてくる。どうやら鏡を見て主観的に自分がきれいであると判断することにいささか疑問を覚える女性のようである。そのとき、「きれいです」とお世辞を述べてやると「これでもーーーー?」と叫びながらマスクを外し、口が耳元まで裂けた残念な顔をさらす。一方、「ブス」だの「きれいじゃない」だの「整形してから出直してこい」とつい本音を出してしまうとのように怒る。隠していたを手に無垢の小学生をどこまでも執拗に追いかけてくる。この話が出回った当時、安全面から一人で下校させないように学校側で集団下校をさせた学校が続出した。

弱点編集

子どもたちを恐怖の底に叩き落とした口裂け女だが、案の定弱点なるものが存在していた。どんなに恐ろしいものにも弱点のひとつやふたつはあるということを証明してくれた一例。それには二通りの方法がある。ひとつはべっこう飴。どうやら口裂け女は大の甘党で、特に砂糖を煮詰めた飴が大好物らしい。大きなお口でゆっくり転がしながら味わうのでスキができる。その瞬間をねらって逃げることが可能。意外とお茶目。もう一つはポマードと三回叫ぶ。三回続けて叫ばなければ効果がなく、一度目、もしくは二度目でやめてしまうとその場で殺害される。でも女性なのにポマードが嫌いだなんて・・・・・・

口裂け女の噂をめぐる様々な説編集

口裂け女の噂の出所については様々な説が飛び交っている。学会でもこの常日頃議論の対象になっている。

塾に行かせられない親説編集

学歴社会の到来により周りの子供たちがみんな通いを始めたものの、自分の家は貧乏で子どもを塾に行かせられない親が、ほかの子供たちを塾に行かせないようにするために流したというもの。でもさ、で送り迎えとか出来るわけだしね・・・・・・

手術の失敗編集

あるところに双子の姉妹がおり、姉は水の滴る美人、妹はどーしよーもねーブサイクだった。このどーしよーもねー妹を不憫に思った親が、姉の口を割いて妹に劣等感を抱かないようにしたとのこと。でもさ、なんでブスの妹の顔を美人にしてあげようとしなかったのかな?やっぱ金かかるから?

俊足の口裂け女編集

口裂け女は学生時代に陸上部に所属し、毎日激しい特訓をつんだため非常に俊足である。100メートルを6秒で走るなど、もはやそれは車なみである。走る時だけ足がタイヤになってるんじゃないのでしょうか?ある大学の期末試験では、口裂け女と市橋達也が100メートル走をした時、勝つのはどちらでしょう?というおふざけの問題が出題され、生徒を悩ませた。不正解だった生徒は、その授業の単位とともにこの世から消えていった・・・

関連項目編集


  この項目「口裂け女」に欠けているもの未来なんだ。
君も世界の敵になるつもりかい? (Portal:スタブ)