メインメニューを開く

Uncyclopedia β

博麗神社

初詣には、是非とも博麗神社(はくれいじんじゃ)へご参拝いただき、是が非でもお賽銭を入れて下さい」
博麗神社 について、博麗霊夢

博麗神社(はくれいじんじゃ)のご利益は、お賽銭の金額次第と評判である。

目次

概要編集

その創建は不明。幻想郷と外界との境界に鎮座する神社であり、弾幕美少女を司る神様(後述)をお祀りしていると言われている。幻想郷を外界の侵蝕(時代の流れなど)から守るための結界(いわゆる博麗大結界)の基点であり、結界のほつれなどを見守る監視所としても機能している、筈である。幻想郷で唯一管理者が在籍している神社であり、その食い扶持が問題となっている神社でもある。

御祭神編集

博麗神社の御祭神は博麗大神(はくれいのおおかみ、はくれいたいじん)と呼び奉られ、酒と弾幕と美少女を司っているが、その正式な御神名については、それを記した史料(神社の宝物目録には『博麗伝奇』とある)が管理不十分のために散逸してしまったため、便宜上そう呼んで誤魔化しているのはここだけの秘密であり、もしバレた場合は「けーねが食べちゃった事にしよう」と、神主巫女が企んでいることもやはり秘密である。 また、最近では守矢神社から八坂大神(八坂刀売神並びに八坂神奈子)の御分霊を勧請することで、信者の獲得に努めているが、あまり芳しい成果は上がっていない。

神職編集

ちょくちょく転がり込んで来たり棲みついたりする妖怪などを別にして、博麗神社の正式スタッフは、現在以下の二名である。

神主・ZUN
博麗神社の宮司であり、幻想郷と外界を行き来したり、世界を創り変える程度の能力を持っているが、普段は本殿で酔っ払っており、これと言った仕事はしていないように見える。あるいはみんな、見ない振りをしている。一説には博麗大神の現身ではないかとも囁かれているが、真相の究明が待たれるところである。
博麗霊夢
いわゆる「博麗の巫女」156代目(これも正式な記録が残っておらず、情報源は文々。新聞)。詳しくはこちらを参照。巫女は神職の資格を取らなくてもなることが出来るため、彼女は神職の資格はもちろん、そのための学問は一切積んでいないが、ノリと才能だけでこれまで数々の異変を解決して来た。根がものぐさであるため明らかに修行不足であるが、その上司たる神主が四六時中酔っ払っているため、あまり厳しいことが言えないのが実情である。信仰心はゼロに等しく、自分の才能と酒の力ぐらいしか信じていない。ちなみに、神主によって博麗の巫女に選ばれた時、それを引き受けた理由は「ユニフォームが可愛いから」との事。たまに路上で踊ってたりする[1]

行事など編集

どうせ参拝客など来ないのであるが、気分的に何となく神社っぽい事をして暇でも潰そう、あわよくば参拝客を集めてお賽銭アップを図ろう、と、博麗神社では思いつきで色々な神事を執り行っている。

鷽替神事(うそかえしんじ)
鳥の鷽(ウソ)と八百万の嘘(ウソ)をかけて、気まぐれに言い放ったジョークが誠になるようにお呪いをかけてみたところ、笛の音に呼び出された鷽が嘘ばかりついている霧雨魔理沙と三月精(スターサファイアサニーミルクルナチャイルド)をつつき倒し、人々の喝采を浴びたが、後からボロボロになった服の弁償を迫られた。が、踏み倒したのは言うまでもない
八百長相撲
毎年お正月に太陽の化身である天照大神(あまてらすおおみかみ)と明けの明星(金星)の化身である天香香背男命(あまのかがせお)が相撲をとるが、天香香背男命が勝ってしまうと何かと不都合(太陽が不貞腐れてしまい、世が闇に覆われたりする)なので、常識的に考えてありえない程度のハンディキャップを負わせて、是が非でも天照大神を勝たせる。別に面白くも何ともないのであるが、その年一年が闇になっては大変、と人々も注目する(だけで、面白くないからお賽銭は入れない)。
雷除神符(かみなりよけのおふだ)
境内に生えていた水楢(ミズナラ)の木にが落ちて裂けてしまったので、片づけが面倒だと思っていたところ、思いつきで「雷を代わりに受けてくれる(避雷針的な)・雷除けの護符(お守り)」を量産。人里で売り出してみたところ、そこそこの売れ行きがあったものの、木片を切り出す手が疲れてしまったのと、飽きてしまったのとで販売を中止。また程なくして、この護符を持っていた人が落雷で亡くなったことからインチキがばれて、すぐに廃れてしまった。
例大祭(れいたいさい)
どこの神社でも行われている、最も大切な祭礼の一つ。幻想郷に存在する数々の聖典を複製(写経など)したものを、外界(東京ビッグサイト等)にて販売するのであるが、その内容は幻想郷における内輪ネタスキャンダル根も葉もない誹謗中傷やどっきりスクープ等を取り扱っているため、とてもではないが幻想郷内では販売できない、というのがその理由である。また、幻想郷の人々があまり寄せてくれない信仰心と博麗の巫女に対する好意を思う存分受けることが出来るため、例大祭を最も楽しみにしているとも言われている。
花見
春になればどこでもやっている、普通の花見である。博麗神社のは幻想郷で一番と言われており(冥界・白玉楼の「西行妖」を除く)、みんなが酒とを持ち寄ってどんちゃん騒ぎの宴会をおっ始めるが、その後片付けは大抵博麗の巫女が一人でやっているところを見ると、幻想郷には「環境美化」の精神が根づいていないようである。

接客編集

先述の通り、宮司が常に酔っ払っているため、来客(必ずしも参拝者ではない)の対応はもっぱら博麗の巫女が行っているが、その態度については、賽銭箱に入れた金額によって露骨な違いが現れる。

0円
ただでスマイルが貰えると思ったら大間違い。お茶を飲むのに忙しい博麗の巫女は、あなたを一顧だにしないだろう。
1~99円
無愛想ながら、お茶くらいは出してくれるかも知れないが、わざわざ新しいお茶を入れるのも面倒なので、博麗の巫女は自分の飲みかけを寄越すだろう。一部の信者にとっては大変なご利益かも知れない。
100~499円
お茶(飲みかけではなく、キチンと煎れたもの)とお菓子くらいは出してくれる。気がつけば、あなたは座布団の上に座っているだろう。
500~1999円
たまたま偶然「作りすぎてしまった」ご飯のご相伴にあずかることが出来るだろう。べ、別にあんたのために作ったんじゃないんだからねっ!
2000~4999円
実に奇遇なことからちょっとした異変が起こり、「うちの神社、安全だから」と、宿泊を勧められるかも知れない。ちなみに部屋は別々である。
5000~9999円
たとえ真っ盛りであろうと氷点下の寒さになり、「ねぇ、寒いから一緒に寝ていい?」と、同衾を求められる。あなたに拒否権はない。
10000円~
未知の領域

脚注編集

  1. ^ "【東方MMD】カッコ可愛い霊夢でサイバーサンダーサイダー". きん (2015年11月15日). 2018年7月1日閲覧。

関連項目編集

ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「博麗神社」の項目を執筆してくれています。