メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者:Pai/シュバルツシルト半径

< 利用者:Pai

シュバルトシルト半径( - はんけい)とは、それ以上近づくと元に戻れなくなる距離のことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「利用者:Pai/シュバルツシルト半径」の項目を執筆しています。

ブラックホールに関する予備知識編集

相対性理論の示すところによれば、強い重力は空間を歪めるため、近くを通る光が曲がることが示されている。特にブラックホールは、非常に強い重力により光が引き込まれてしまい、出てこれなくなるものである。光が出てこれなくなるギリギリの距離をシュバルツシルト半径と呼び、ここより内側に入ったものは光でさえも出てこれないことを示す。

したがって、ブラックホールのようすは外部から観察することができない。外部から観察することができるのは、ブラックホールになる直前のようすである。これはシュバルツシルト半径の外側の光が、時間をかけて重力から逃れ、我々の目にたどり着いたものである。

個性的な趣味を持つ人の場合編集

近年、ブラックホール以外でもシュバルツシルト半径を持つものが観察されるようになってきた。中でも、人に関するものについていくつかの現象が報告されており、研究により以下のような解釈が定説となっている。

特定のジャンルの人に近づくと、距離をとってしまう
体が危険を感じて、シュバルツシルト半径から離れようとするのである。
見た目は普通である
外部から観察できるのは、ブラックホール化する前の最後の映像であり、現在の真の姿ではない。
話していると、どんどん近づきがたくなってきた
話題が濃くなったため、ブラックホール化し、シュバルツシルト半径が大きくなったのである。
似た人が集まると、近づきがたさは倍増する
密度が上がったため、シュバルツシルト半径が大きくなったのである。

これらは、空間に歪みをもたらす能力が特定の人に備わっていると考えるのが自然である。

古くは鉄道を趣味とする者が知られており、特に秋葉原萬世模型に集中していたが、近年では秋葉原全域があらゆるブラックホールの展示場と化している。これをふまえて、つくば研究学園都市では専用鉄道を秋葉原まで引いて研究体制を強化した。この鉄道は研究者が秋葉原まで出向くために設計されたものであるが、特に開業当初は研究対象が多数群がってきたことが知られている。

萌え中間子編集

物理学は、軍事の発達とは不可分である。中でも、相対性理論は過去最大の破壊力を生み出す元となったパラダイムであるため、ブラックホールを人為的に作る技術についても高い関心が寄せられている。

物理学会では「萌え」が物質同士を結び付ける役割を果たしているという見方が主流であり、萌え中間子と呼ばれている。しかしこれまで物理学には、1次元のと3次元の粒子しかなかったため、2次元および2.5次元をどう扱うかについては議論が続いている。

関連項目編集

  Pai/シュバルツシルト半径は執筆者が光速に近い速さで書いたため、ローレンツ収縮により短くなっていますもっとゆっくり書いてくださる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)