メインメニューを開く

Uncyclopedia β

利用者:あおつめくさ・すずか/作りかけ

< 利用者:あおつめくさ・すずか

力とは、大きさと向きの二つの要素によって表現される物理量の一つである。


現在、新しい力が続々と発見され続けており、近代以前から存在が確認されている力(古典力)と現代になってから発見された力(現代力)とに大別される。 本項では、これら様々な力の簡単な説明と、その大きさと向きがどのような意味合いを持つか、及び単位について触れる。

古典力

古典力について扱う学問体系のことを古典力学ということがある。

物体を変形させたり、物体の運動状態を変化させる作用を持つ。古典力の代表で、古典力学の分野における主題である。

  • 大きさ
物体を変形させたり、運動状態を変化させる度合い
  • 向き
物体は力の向きと同じ方向に変形したり、運動状態を変えようとする。
  • 単位
ニュートン(N)

生命体からをすいとり、子孫を増やす作用を持つ。ヒト以外の生命体(イヌなど)がカの作用を受けてもさほど問題視されないが、ヒトがカの作用を受けるとき、しばしば大騒ぎになる。

  • 大きさ
生命体から吸い取る血の量
  • 向き
退治されようとした際に逃げる方向
  • 単位
リットル(L) ただし、量の都合により普通はミリリットル(mL)を用いる。

重力

重力子(グラビトン:Graviton)によって引き起こされる、物体間で相互に作用するとされる力。重力子が未発見なため、その存在そのものが疑われている。
だって君、君に向かって地球が落ちてくるなんて信じられるか?ほんとに重力があるなら太陽や月や数多の星々が地球に向かって落ちてくるではないか!

  • 大きさ
重力子未発見のため不明。
  • 向き
重力子が飛んできた方向。
  • 単位
キログラム重(kg重) またはキログラムウエイト(kgw) まれに重力(G)

アシカ

アルパカ

水力

電力

文章力

馬鹿力

磁針紙鳴家事親父といった天才時に発揮されるといわれるの力。実賞しようとした研九者がことごとく天才によって脂肪しているので、まだよくわかっていない。

  • 大きさ
入間の限回を肥えた大きさらしいよ。
  • 向き
出口に向かう方向ではないかと考えられているが、研九者が誰一人として孵ってこないことから、出口とは違う方向を向いているのではとも考えられている。
  • 単位
ニュートン(N) ただし、通常はギガニュートン(GN)を用いるのが利便性がよいであろうと予想されている。

バカ

カエルを凍らせる作用を持つ。

  • 大きさ
常に9である。
  • 向き
円形なのでどこを向いているかよくわからない。
  • 単位
マルキュー(⑨)
  • 大きさが常に9なので、単位記号のみで表す。なお、Macでは正しく表示されないと言われている

ポルカ

音素が関係しているといわれる力。

ピアニカ

音素が関係しているといわれる力。

ハーモニカ

音素が関係しているといわれる力。

ゲルニカ

スペインに存在する力で、誓いを聞き入れる作用を持つ。歴史と情緒に満ち溢れており、絵画の題材や乗り物になったりもした。

  • 大きさ
宣誓文の単語長
  • 向き
オーク樹の伸びる方向(実質、重力と反対方向のみ)
  • 単位
ゲルニカ(Grk)

エウレカ

重大な勘違いに対して、その程度を表す。

  • 大きさ
勘違いの程度。
  • 向き
ギリシャから見てエラスムスの居る方向。
  • 単位
エウレカ(Erk)
  • ただし、エウレカって書いちゃったことを1Erkと定義されており、これを超えるものはほぼ無いため、通常はナノエウレカ(nErk)またはピコエウレカ(pErk)を用いる。

現代力

古典力学に対して現代力学ということがある。 古来、物理学では力学(古典力学)がすべての大元であり、その他の様々な学問分野は力学で説明できると信じられていた。(このことから、古典力学は一種の宗教としての側面も持つ。)しかし、電磁気学の一部分がどうしても古典力学では説明がつかず、量子力学へと発展していった経緯を持つ。

原子力

腐力

ヒトのメスの一部が持つといわれる力。おもに脳内で働く。

  • 大きさ
第1項(attacker:A)と第2項(catcher:C)との積(A×Cであらわす)
  • 向き
AからCに向かって右ねじを回したときに、ねじが進む方向。(ベクトルの外積、またはベクトル積を参照)
  • 単位
カップリー(Cp)

スペカ

弾幕が発生したときに生じるとされる力。なお、弾幕は素粒子のひとつである弾の集合であり、そのため、弾幕はバリオンの一種とする説がある[要出典]スペシウムも参考にされたい。

  • 大きさ
1から5までの整数
  • 向き
こちらに向かってくる弾幕と、関係なく飛んでいく弾幕の二種類があることが確認されている。
  • 単位
単位なし。通例、大きさが1のときEasy、2のときNomal、続いてHard、Lunatic、Lastwordと呼ばれる。Extraを用いる学派もあるが、誰もきにしない

関連項目

投稿時のためのオボエガキ(追加予定カテゴリとか)

  • 物理学
  • 化学
  • 疑似科学
  • リダイレクト(力学)

可折方程式

この利用者ページはしばらくの間大規模な編集をされています。
礼儀として、このメッセージを表示している間、このページを編集しないでください。 この通知を加えた人は履歴に記載されるでしょう。 このページが最近編集されていないなら、このテンプレートを取り外してください(あるいは{{工事中}}に付け替えてください)。
このメッセージは編集の競合を防ぐことが意図されています。他の人がこのページを改良できるように編集作業ごとに外してください。
 
独自研究:この記事や節の内容は独自研究であるとする見方もあるようですが、ここアンサイクロペディアで笑いを取るためには自分のアイデアを記事に注ぎ込む事が不可欠です自己言及的なページにならない程度に我が道を突き進んでみてください。

可折方程式(おりまげられるよほうていしき)とは、紙を何回折り曲げることができるかを求める為の方程式である。

可折方程式(おりまげられるよほうていしき)

ある紙の長辺の長さを とし、その厚さを とするとき、

 ・・・(1)

を満たす について、この紙は 回折り曲げることができる。(  を超えない最大の整数を表す(ガウス記号)。)
このとき、(1)式をある紙の可折方程式(おりまげられるよほうていしき)という。

なお、この方程式は紙を一定方向に曲げる場合の方程式となっている点に注意。


可折方程式(おりまげられるよほうていしき)の導出

すでに 回折り曲げている場合を考える。

fig.1の様に、 回折り曲げている時の紙の長さを とする。このときの厚さは である。

次に、 回目を折ったとすると、紙はfig.2の様に引っ張られる。このときの引っ張られる長さは を半径とする半円の弧に等しい。
 回目を折ることができるためには、紙の長さの半分 が折り曲げることによって引っ張られる長さ よりも長ければよい。
すなわち、 が初めて

 

を満たすとき、 回折り曲げることができる。

よって、 を自然数から正の実数に拡張すると、

 ・・・(2)

となる に対して 回折り曲げることができるといえる。

次に、(2)式を変形し、(1)式を導く。

 は、fig.2より の半分から引っ張られる長さを引き、そのときの半径を足したものに等しい。

 

ここで、 なので上式は

 ・・・(3)

と変形できる。

この漸化式から一般項 を求めると、

 ・・・(4)

が得られる。(証明は後述)
これを(2)式に代入すると

 

これに を代入し、整理する。

 

 

 

 

ここで、d>0であるから

 

 

 

ここで、両辺常用対数をとると

 

---ここは数式の修正ラインです。ここから上まで修正済みです---

 {(4)式}の帰納的証明

書きかけだよ。

可折方程式(おりまげられるよほうていしき)の検証

実際に、投稿者の使用しているルーズリーフを折り曲げ、可折方程式(おりまげられるよほうていしき)によって得られる理論値と比較してみた。

人間が勝手に求めた可折方程式(おりまげられるよほうていしき)

人間は、「πは3ではない」とし、可折方程式(おりまげられるよほうていしき)は以下の式であると主張している。

 

関連項目


ping

ping(ピン、ピングー)とは、コンピューターネットワークの世界におけるストーカー技術ないしはペンギンのことである。

関連項目

記事投稿時のための覚え書き(追加予定カテゴリとか)

  • 犯罪
  • 情報技術(とかその辺)