メインメニューを開く

Uncyclopedia β

井上堅二

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「井上堅二」の項目を執筆しています。

井上 堅二 (いのうえ けんじ) とは、日本の女性ライトノベル作家である。

目次

人物編集

絶世のロリ美少女とされる。 ライトノベル作家間では誰が彼女の夫となるかという抗争が絶えない。

普段着はNOブラジャーNOパンティーこそが至高の服装という考えから常に全裸チャイナドレス及び全裸を主な服装とする。

なお、同美少女作家である葵せきな葉月ちゃんとは親交があり、夜通しでネットゲームをキャッキャウフフしながらプレイすることが多い。愛車は黒塗りのリムジン

作る料理は絶品であり、井上堅二の執筆するバカとテストと召喚獣というお料理小説では自己を投影したキャラクターに腕を振るわせている。得意料理は加熱するとピンクや紫の煙が出る肉じゃが。一度は食して見たいものである。 昨年度「にしたい作家No.1」「に貰いたい作家No.1」「抱きたい作家No.1」などの賞を総なめにした経験もある。

母親は枕カバーさんであると近所で噂である。

ウィンタースポーツを嗜んでいるが、ドジっ娘なためにボードを真っ二つにしてしまうことがある。「理想の男性は拍手ボタンをいつも押してくれるア・ナ・タ」と「服を着るのは多くて週一。少ない時は一ヶ月丸々着ないこともあるわね」の発言はあまりにも有名。

お風呂好きでも有名である。一回一回のお風呂にかける時間は鈍器を読破する時間と同一であり、のぼせて倒れないか心配である。

痴漢被害編集

彼女は街を歩くと誰もが振り返る美少女なので、常に男どもの欲望にさらされ、警察に通報しても構わないレベルの視線を一身に受けている。場合によってはセクハラまがいの行為までされているという噂もある。

こういった話の内、一番有名なのが電車での痴漢の話である。あるとき彼女は運悪く混雑した電車に乗ることになってしまったのだが、運悪く痴漢にあってしまったのだ。彼女は黒魔法「この人痴漢です!」を使うこともできず、ただひたすら痴漢のチョメチョメに耐えていたという。まったく、うらやま……いや、けしからん話である。

なお、この話は著書あとがきで公表されたものである。よほどショックだったのは分かるが、普通はこんなことを公にしたりはしないはずである。そのため、何かに目覚めてしまった可能性が否定できない。しかし、美少女なので許されるだろう。いや、むしろ大歓迎である。

レンジャー部隊所属編集

つい最近、レンジャー部隊入りが決定し、戦線に投入されたようだ。女性レンジャー隊員だというのも珍しいが、部隊に入ってすぐにパラシュートでの降下作戦(もちろんミニスカ着用)に加わるなど異例の事態であり、彼女がいかにイレギュラーな存在かがわかる。同レンジャー隊員に葵せきなあざの耕平有沢まみずが所属している。

作品編集

バカとテストと召喚獣
天才料理人女子高生姫路瑞希を主人公とし、取り巻きの友人達と、つるぺたなライバルに絶品料理を振舞いながらも成長していくハートフルラフストーリーである。

関連項目編集