メインメニューを開く

Uncyclopedia β

上川あや

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「上川あや」の項目を執筆しています。

上川 あやかみかわ あや 1968年1月25日 - )は日本の総理大臣である。

目次

概要編集

彼女の職業は世田谷区議会議員である。

  • 安倍晋三「美しい国へ」麻生太郎「とてつもない日本」などと並ぶ「変えていく勇気」という新書を出版した。政治家が新書を出すことは多々ある。

経歴編集

  • 1968年、台東区生まれ。江戸っ子である。
  • 1990年、法政大学を卒業。法政大学は左翼運動の巣窟である。法政大学出身者が設立した政治団体で有名どころというと「革命的非モテ同盟」などが挙げられる。だが上川は著作のなかで高校時代は男にモテたという自慢話をしているため、これらとは違った流れに所属すると考えられている。法政大学の活動家に上川の話をすると「誰それ?」という回答が返ってくることがある。
  • サラリーマンとして働いていた上川は円形脱毛症となっている。この理由については「酒席での男性のエロ話についていけなかった」ということが挙げられている。
  • 1994年ごろに退職。
  • その後、しばらくひきこもる。この期間は謎に包まれている。
  • 1999年にひきこもり生活を脱してOLとして再就職。上川本人は履歴書の空白を「家事手伝いをしていました!」と言ってごまかしたとしている。
  • しばらく女性のドロドロした世界を謳歌する。
  • 2007年、世田谷区議会議員に再選。上川は2位の得票数だった。なお、1位で当選した森学は学歴詐称問題であっという間に議員辞職に追い込まれた。

政治的立場編集

上川の声はMtFの声を代表するものではない。上川が女性化する過程のなかで、声帯の手術の医療ミスがあったからである。それゆえ上川の声を聞いて「MtFかどうかは声で判断できる」と早合点するのは誤りである。

なお、上川がこの医療ミスに対して裁判を起こしたという話は聞かない。上川は弱者に対する愛情に満ち溢れているが、なんでもかんでも訴えてやると騒ぐ人たちとは一線を画す政治的立場であることが分かる。サラリーマン時代に円形脱毛症で労基署に駆け込んだという話も聞かない。上川のこうした政治姿勢は「医者の不養生」「紺屋の白袴」と褒め称えられている。

著作編集

  • 「変えてゆく勇気」(岩波書店) 本書は「一見さんお断り」というシステムが導入されている。なぜなら一見さんは9割の確率で「変えて"ゆ"く」「変えて"い"く」と間違え、アマゾンで検索できないからである。この違いが分かるかどうかが上川オタクかどうかを選別する重要なファクトである。なぜ台東区生まれの江戸っ子の上川が京都風のやり方にしたのかは不明である。