メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「一次元」の項目を執筆しています。

一次元(いちじげん)は、我々の世界を構成する要素、次元の一つ。

目次

概要編集

 
一次元の美少女は二次元の美少女を超越する美しさである。それが無限に集まった画像。まさに無☆敵。

われわれの住む三次元には空間に(x,y,z)の三つの座標軸がある。しかし一次元は一つの軸のみで成り立っている。 またそれ自体は零次元というさらに低位の次元によって構成されている。

つまり我々の世界には長さ、広さ、高さの三つの要素があるが、一次元の世界には一つの要素のみしかないのである。

住民編集

近年まで一次元には生命体がいないと思われていた。しかし最近ではコンピュータの発展によって一次元を二次元もしくは三次元の画像へと変換する技術するが開発され、一次元にも人間がいることが分かってきた。

一次元の人間は、二次元および三次元に比べて非常に美男美女率が高い。嘘だと思うかもしれないが、実はこれはゼータ関数によって証明できる。

ゼータ関数

構文解析に失敗 (MathML、ただし動作しない場合はSVGかPNGで代替(最新ブラウザーや補助ツールに推奨): サーバー「https://wikimedia.org/api/rest_v1/」から無効な応答 ("Math extension cannot connect to Restbase."):): {\displaystyle \zeta(s)=\exp\left(\frac{\gamma +\log \pi}{2}s-\log 2\right) \frac{1}{s-1} \prod_{\rho}\left(1-\frac{s}{\rho}\right) \prod^{\infin}_{n=1}\left(1+ \frac{s}{2n}\right)e^{-{s/2n}}}

を展開すると、

構文解析に失敗 (MathML、ただし動作しない場合はSVGかPNGで代替(最新ブラウザーや補助ツールに推奨): サーバー「https://wikimedia.org/api/rest_v1/」から無効な応答 ("Math extension cannot connect to Restbase."):): {\displaystyle \log \zeta(s) = \log \prod_{p} \frac {1}{1-p^{-s}} = \sum_{p} \log \frac {1}{1-p^{-s}}= \sum_p \sum_{n=1}^{\infin} \frac {1}{np^{ns}}= \sum_{n=1}^{\infin} \frac {1}{n} \sum_p \frac {1}{p^{ns}}}

となる。

これを計算していくと最終的に

構文解析に失敗 (MathML、ただし動作しない場合はSVGかPNGで代替(最新ブラウザーや補助ツールに推奨): サーバー「https://wikimedia.org/api/rest_v1/」から無効な応答 ("Math extension cannot connect to Restbase."):): {\displaystyle \frac {\log \zeta (s)}{s} = \int^{\infin}_{1} \Pi (x) x^{-s-1} dx}

という値が得られる。

つまり二次元空間を∞倍積み重ねた高次元世界の値は一次元と比較して値がマイナスとなる。 この結果より美男美女率が一次元 > 高次元である、と証明できるのである。

またこの結果を元に判断すると、私たちは一次元の住人から二次元に輪をかけていけてない人間であるとみなされている可能性が高い。

交流編集

成功していない。やつらが私たちを”いけてない奴ら”と見なしているからである可能性が高い。

認識の問題編集

人間は一次元の美少女を認識する事が出来ない、よってコンピューターによって二次元もしくは三次元の画像へと変換する訳だが、 ここで見えているものは果たして一次元の美少女そのものであるかという議論が現在学会で進行中である。

関連編集


  ……見ての通り、この記事「 一次元 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)