メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ヨシヒコ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヨシヒコ」の項目を執筆しています。
曖昧さ回避 この項目では、プロレスラーのヨシヒコについて記述しているばい! プラズマで有名な物理学者につ・い・て・は「大槻義彦」を、赤ヘルのスイッチヒッターにつ・い・て・は「高橋慶彦」をCHECK IT OUT!! はい!!!

ヨシヒコは、DDTプロレスリング所属のプロレスラー。身長160cm、体重800g、日本最軽量(記録はないが、おそらく世界最軽量でもある)のレスラーである。本名は坂井良彦、通称は「地獄の墓掘り人形」「オランダ・バッドアス」など。兄は、同じくプロレスラーのマッスル坂井。

目次

特徴編集

1kgにも満たない軽量を活かした軽い身のこなしと、ありえない方向へ関節が曲がるという体の柔軟性を活かしたアクロパティックなファイトスタイルが最大の特徴である。しかしながら、軽量ゆえに投げ技には弱く、場外のかなり遠くまで投げ飛ばされてしまう。また、強い荷重を受けることで体が二次元(平面)になったり内臓や脳みそがはみ出したりという奇病を患っており、しばしば試合中にこの病気の発作に見舞われて、タンカで運び出されることがある。ただし、この発作はそれほど長時間続かないものであるらしく、運び出されて数分後にはパワーアップして別のコスチュームで再度登場することがほとんどであることから考えて、選手生命に影響するほどの重篤な病ではないようだ。

DDTには飯伏幸太というスターレスラーがいるが、ヨシヒコの人気は飯伏に勝るとも劣らない。

ヨシヒコのファイトスタイルは本場アメリカでも一部に熱狂的なファンを持つ。WWEのスターレスラーだったカート・アングルはヨシヒコの試合のビデオを大絶賛し、リック・フレアーも「ううむ」とうなったといわれている。

得意技編集

  • 六次元殺法:空中で水平方向に側転した後天井近くまでジャンプしてのブランチャー
  • ヨシヒコ・デストロイ・インフィニティー:カナディアン・デストロイヤー8連発の離れ業
  • ムーンサルトプレス
  • 不知火

略歴編集

プロレスデビュー前の経歴はなぞに包まれている。

  • 2005年2月9日 プロレスデビュー。しかし体が扁平になる奇病の発作に見舞われ、戦線離脱。
  • 2009年4月 突然の復帰、復帰のタッグ戦に毒霧殺法で勝利を収める。続くタッグ王座への挑戦では、内臓や脳を飛び出させながらも善戦するも、敗退。
  • 2009年8月 相撲ヨシヒコとして登場。
  • 2009年10月 大幅にウェイトアップし、ハルク・ホーガンスタイルで登場、飯伏とタイトルマッチを行い、初のフォール負けを喫するも、油断した飯伏よりタイトル奪取。
  • 2009年12月 大晦日年越し108人ランブルに登場、108選手中最大の声援を受ける。
  • 2010年3月 格闘技専門チャンネル「ファイティングTVサムライ」の「Sアリーナ」ゲストMCとして登場。

外部リンク編集

関連項目編集