メインメニューを開く

Uncyclopedia β

アンサイクロペディアは誰でも編集できる自由気ままな百科事典です

20,665本の記事をあなたと
モバイル版
アンサイクロペディアは誰でも編集できる自由気ままな百科事典です

選り抜き記事

モンゴル軍を粉砕する航空相撲部隊

アフガン航空相撲(アフガンこうくうすもう、Afghan Air sumo wrestling、مصارعة الطيرانية الأفغانية)とはアフガニスタンの伝統的格闘技である。

20世紀のアフガニスタンの混乱により継承者の不足、過去の資料の喪失等により伝説となっている。現在は国家をあげて再興をはかっている。

11世紀ゴール朝の頃、時の国王ドースト・モハメド・ハーンの命によりアフガニスタン各地より集められた武術、格闘技に精通した者を中心に編成された近衛兵の間で、「ニホンのSumouというスポーツは、地面に着いたら負け。」と勘違いして行った相撲が起源と言われている。

新着記事

  • 第25回参議院議員通常選挙は、2019(令和元)年7月ごろに投開票が行われたはずの参議院議員通常選挙である。
  • オリンピックしぐさとは江戸っ子たちが積み上げてきた行動哲学の一種である。
  • 桜を見る会は、国民から集めた税収を用いて、東京都新宿区の新宿御苑にて内閣総理大臣が毎年4月に開く行事。

流行記事大賞

  • 溶解ウォッチとは、物体が溶けゆく様をひたすら映し続けるというコンセプトのもとに作成された映像シリーズである。

2014年流行記事大賞4位)

※前回と同じ記事が表示されている場合は、表示の更新をクリックして下さい。

風物詩

折々のことば

世界の中心

自分が住んでいる国の自分が住んでいる地方のこと。

ニュース

今日も日本は平和です。

今日は何の日

12月13日

訃報

12月13日
12月12日
12月8日

インフォメーション

アンサイクロペディアは数多くの言語で執筆されています。全ての言語版については言語一覧をご覧ください。以下は特に規模の大きな言語版です。
English(英語) - português(ポルトガル語) - Boarisch(バイエルン・オーストリア語) - 日本語 - polski(ポーランド語) - Plattdüütsch(低ザクセン語) - italiano(イタリア語) - español(スペイン語) - français(フランス語) - dansk(デンマーク語) - suomi(フィンランド語)
アンサイクロペディアの各コンテンツは、フェアユース条項及びピンジャの精鋭によって保護されています。
別の言語で閲覧