メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「マーガリン」の項目を執筆しています。

マーガリンとは、次世代エネルギーとして注目されている燃料電池の開発の中で生み出された、水素吸蔵トリグリセライドである。

目次

歴史編集

世紀末に文部科学省燃料電池の安価な代用品を求めて行った募集で採用されたのがマーガリンであった。

種類編集

マーガリンには、A級とB級が存在する。それぞれ、水素吸蔵の性能に大きな差がある。また、近年技術進歩により、強化マーガリンというものも開発されている。これは、特に抗酸化作用が強く、小型にもかかわらず吸蔵能力が高いため、家庭用として用いることが期待されている。

原理編集

マーガリンが水素を吸蔵する仕組みはいたって単純であり、脳味噌がアヒルの置物で侵された人間にも容易に理解できる。
触媒は、己の格子欠陥によってマーガリン中の基質と水素を表面に吸着する。そして、水素はそのとき水素原子に解離しているため、立体選択性が低い状態で、水素化が行われる。 なお、この文がわからなければ実際にマーガリンを買ってくるとよい。 楽天がおすすめである。

利点と欠点編集

利点編集

非常に製造コストが安く、また、通常の水素吸蔵に用いられるバナジウム合金や希土類元素が非常に資源に乏しく、リサイクル製も低いという欠点があるものの、マーガリンには一切そのような制約が無い。通常の状態では水素の放出が起こらず、制御付加の際の事故率も非常に低い。

欠点編集

非常に脆く、また熱によって物理特性が大きく変わるという点で、車載には適さない、と考えられている。

一部の人による食用編集

このように、マーガリンは非常に優れた水素吸蔵トリグリセライドであるが、これを一部の人が食用に用いる場合がある。仮にも電池の構成部品であるため、常識的に考えれば食用に供するはずがないのだが、異食症(赤白帽のゴムを食べたりペン先をなめる行為)の一症状ではないか、と考えられる。

その他の利用法編集

また、マーガリンは、プラスチックと成分構造が非常によく似ているため、プラスチックの代替品になると言われている。石油が万が一枯渇したとしても、安心である。


この項目「マーガリン」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)