メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ブッシュ・ブレア・小泉主義

ブッシュ・ブレア・小泉主義(-こいずみしゅぎ)またはブッシュ・ブレア・小泉イズムとは、ジョージ・W・ブッシュトニー・ブレア 小泉純一郎らがイラク戦争において掲げた主張で、目には目を歯には歯をテロにはテロをから脱却し、先制テロをモットーにしている。

目次

概要編集

これまでアフガニスタン報復テロを含めシュメール文明の頃から続いていた目には目を、歯には歯をから脱却することを決め新たなテロとの戦いを掲げることにした。これにより今後テロをする可能性がありクルド人虐殺クエート侵攻の前科があり敢行当時も独裁政治により国民を苦しめていたイラクに侵攻することに決めた。この際イラクに大量破壊兵器があることにしたが安保理で本当は大量破壊兵器を持っていないことをラムズフェルドの表情で示した。

具体的な主義編集

主だった主義

  • テロリストから攻撃される前にこちらからテロを仕掛ける。

副次的な主義

  • 悪を征伐するために暴力を使う。
  • 前科のあるものは更生してもまだやっていることにして暴力を使う。
  • 悪に与えられた温情裁判無視してどんどん死刑にする。

成果編集

イラクテロ敢行後アメリカ本土をターゲットにしたテロは一件も発生しておらずテロ根絶に成功した。これにこれをよくしたブッシュは作戦の成功を宣言した。

この主義をパクった人編集

現実世界編集

ウラジーミル・プーチン
南オセチア北オセチアを統合するためにグルジアに侵攻した。

フィクションの世界編集

夜神月(デスノート)
凶悪犯を次々殺し犯罪の恐怖から解放した。
赤星戴宗 (めだかボックス)
正義のために暴力は欠かせない
ただし彼に関してはブッシュにはあり得ない聖人たたきを行っている。