メインメニューを開く

Uncyclopedia β

フランスパン

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「フランスパン」の項目を執筆しています。

フランスパンは、突打に特化した鈍器である。フライパンより軽量であることから、取り回しに便利である。

概要編集

この武器は、主にフランスナチスドイツを撃退するために利用された。古くはナポレオン・ボナパルトが使っていたことでも有名だが、それよりも古く17世紀までは馬上槍試合で用いられたため、プレートメールを含む甲冑の重量化が進んだ。

なおこの武器は原料に小麦を含むため、非常食としても利用できるが、多少古いものは破壊力は増すものの、骨折といった負傷の危険があるので注意が必要である。

この武器の最大の特徴は「カビが生える」という点にある。これは打撃力の増強に役立ち、打撃を受けた相手に精神的ダメージを負わせる。しかし第二次世界大戦以降、この不潔な兵器で攻撃されてPTSDを患う兵隊も出たため、非人道的であるとして問題視され、次第に使われなくなって行った。

近年では辛子明太子によるペースト式の生物兵器が内蔵され、これを相手の目に噴射する事で破壊力を増した「明太フランス」という極悪な兵器も登場、大量破壊兵器ではないかとして国際社会でも議論の的となっている。この他にも手裏剣のように投擲するニンニクパウダーとバターをまぶして吸血鬼への攻撃に特化した「ガーリックトースト」という派生武器も存在する。

関連項目編集