メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ヒトデマンは、ポケットモンスターに登場する生物の一種である。

目次

概要編集

ヒトデマンは分類上「ほしがたポケモン」と分類されているように星のような形状をしている。一般の生物でいうとその名のようにヒトデに非常によく似ている。

それもそのはずヒトデマンは、ヒトデがおびただしい量の化学物質を摂取したことにより異常変化した生物であるからだ。このことを証明するように、クチバシティミオシティなど工業が発達した地域でヒトデマンがよく釣れる事が確認されている。

かつて、ヒトデマンは一部環境団体からは、公害の象徴だと槍玉にあげられることが多かったが、最近では数少ないものの、水の澄んだ場所にも生息が確認されている。

ポケットモンスターという概念が確立した初期に発見されたポケモンであり、いわゆる第一世代に属するポケモンである。光線技を得意として、なかでもスペシウム光線は特に有名である。

ちなみに進化後のスターミー暗黒エネルギー(闇の石(シンオウ地方で入手可能))を注ぐとダークゼロへと進化するが、弱体化するのでお勧めしかねる

ゲームでのヒトデマン編集

レベルを40にあげるか、宇宙からの電波が大量に含まれている水の石を近づけることによってスターミーに進化する。多くのトレーナーには水の石を照射させることによって、レベルを上げるよりも早くかつ強く育てられることから後者の方が人気がある。

このことから、レベルをあげたことによって進化させることは滅多になく、現在ではポケモン学の権威であるユ・キナ・リ=P=オーキ・ド=運昇博士によってなかったことにされているのが現状である。

数多くのプレイヤーの手持ちポケモンとなっており、ジムリーダーではカスミなど名だたるポケモントレーナーに使用されているが、何故か3分間しか活動できないため、ゲームを3分放置すれば自動的に勝ちになる。

このことが初心者のトレーナーにはレベルアップに重宝されているものの、実際には3分放置しなくても攻撃力に特化した育てられたポケモンで攻撃すれば、鍛えられていないヒトデマンは3秒で葬ることが可能である。

なお、進化後のスターミーはその欠点が改良されたため、ヒトデマン以上に使っているトレーナーは多いと見られる。特にゲームの大会で最大規模であるポケモンフェスタでは毎年使用するトレーナーが後を絶たない。

アニメでのヒトデマン編集

カスミのポケモンとして数多く登場したが、上記の特長により、活躍は少なかった。実際には上位互換のあるスターミーに取って代われていたと思われる。

アニメでの鳴き声はゲーム版におけるいかにも電子音のような音ではなく、「ヘアッ!」とまるで宇宙から来た生物の様な鳴き声を出す。スターミーが宇宙から来た侵略者とみる説があるのはこのためである。

種族としてのヒトデマン一覧編集

  • 初代ヒトデマン
  • ヒトデマンゾフィー
  • ヒトデセブン
  • 帰ってきたヒトデマン(ヒトデマンジャック)
  • ヒトデマンエース
  • ヒトデマンダブルエース
  • ヒトデの父
  • ヒトデの母
  • ヒトデマンキング
  • ヒトデマンタロウ
  • ヒトデマンレオ
  • ヒトデマンジョーニアス
  • ヒトデマン80
  • ヒトデマン156
  • ヒトデセブン21
  • ヒトデマングレート
  • ヒトデマンパワード
  • ヒトデマンゼアス
  • ヒトデマンティガ
  • ヒトデマンダイナ
  • ヒトデマンガイア
  • ヒトデマンナイス
  • ヒトデマンコスモス
  • ヒトデマンネクサス
  • ヒトデマンマックス
  • ヒトデマンメビウス
  • ヒトデマンゼノン
  • ヒトデマンヒカリ
  • ヒトデマンネオス
  • ヒトデマンスコット
  • ヒトデウーマンベス
  • ヒトデマンチャック

トリビア編集

  • 種族としてのヒトデマン一覧の項を見れば分かるように、ヒトデマンには男性の名前ととれるような種族名がついてるが、実際には雌雄同体である。これはかつて神話上ではヒトデマンは男であったとされることに由来する。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヒトデマン」の項目を執筆しています。
ポケットモンスター依存症患者のため、ポケモンWiki廃人たちが孵化作業の片手間に「ヒトデマン」の項目を執筆してくれています。
ヒトデの進化
退化:
-
ヒトデマン 進化:
スターミー
2進化:
ダークゼロ
暗黒進化