メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ヒキコ・モリ

ヒキコ・モリ(Hikiko Môri、生没年不詳)は、18世紀後期の幻のファッションデザイナー。蛾のモチーフでフランスファッション界に驚愕を与えたと伝えられている。

目次

生い立ち編集

彼女の生い立ちは謎に包まれている。性別でさえも不明とされていた時期もあるほどである。18世紀後期に蛾のモチーフでフランスファッション界に登場したのが彼女であることは間違いないとされている。モノウ・ルッテレ・ベルジャネーゾソレナンテ・エ・ロゲと交流があったとも伝えられている。

暮らしぶり編集

そのほぼすべてが謎に包まれているが、それは彼女がほとんど外出しなかったためとも言われている。ロゲの著した評伝「ヒキコ・モリ〜小さな哲学者からの自立」によれば、自室から出た彼女を見た人はほとんどおらず、物品や食事などの受け渡しは、自室の前に設けられた「緩衝室」にて、対面することなく行われていたという。

再評価編集

彼女が再評価されるのは、20世紀後半になってからである。ただし、本職であるファッションデザイナーとしてではなかった。またフランスを始めとする欧米においてでもなく、それはバブル景気崩壊後の日本であった。当時、「登校拒否児童(生徒)」「出社拒否社員」などと呼ばれていた社会的弱者を、彼女の暮らしぶりになぞらえて「ヒキコモリのようだ」と称したことから「引き蘢り」の字を当てられて日本語化された。

関連項目編集

この項目「ヒキコ・モリ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
  クソ記事に注意!!
この記事はクソです。筆者自身がそれを認めます。