メインメニューを開く

Uncyclopedia β

バタコさん

バタコさん(乾酪子さん)とは、それいけ!アンパンマンに登場するヒロインの一人である。CV:佐久間レイ

目次

人物編集

ジャムおじさんの孫[1]で、物心ついた時には母はすでに亡く、生まれて来る前に父もすでに亡かったため、男手一つで育てられたという「けなげ系ヒロイン」の王道設定である。しかし、世界の創造ネ申であるやなせたかしは「彼女はジャムおじさんにとって助手であると共に助手でしかなく、それ以上(友達以上、恋人未満)でもそれ以下(近親相姦的肉体関係)でもない」とコメントしている。つまりバタコさんはジャムおじさんの孫でありながら孫ではなく、厳然たる師匠弟子の関係であることを意味している。いつもニコニコしているジャムおじさんではあるが、バタコさんに対してだけは笑顔のままプレッシャーをかけ続け、パン作りに奉げてきた自分の人生の集大成を彼女に叩き込んでいるのである。これも素直に愛情を注いであげることのできないジャムおじさんならではの愛であり、あふれんばかりの優しさと触れなば切れそうなほどの厳しさを同居させたジャムおじさんの屈折した人生を物語る両者の関係なのである。きっと、バタコさんの産みの親(息子か娘かは不明)との確執がそのまま彼女に対する態度となってしまっている事は想像に難くない

 
バタコさん私服Ver.     オーバーオールの下は……

また、バタコさんの年齢について、彼女はすでに成人しているという説と、彼女は永遠の少女であると言う説が存在し、中には「彼女はパン作りに行き詰まり、絶望的な孤独にさいなまれたジャムおじさんの生み出した幻覚あるいはパンの妖精さんである」という珍説までもが飛び交っているが、いずれにせよ「女性に年齢を聞く」というのは一つのタブーであり、そんな事は誰も気にしてはならないのである。ちなみに、胸の有無についてはいつも着ているオーバーオールのお陰であまり話題に乗る事もなく、それぞれがそれぞれ好き勝手に妄想することを許されている。みんなしあわせ万能体型。

そんな彼女もやはり女の子であり、好きな男性のタイプはおむすびまんである。「……あっしにゃあ、かかわりのねぇこってござんす」と、いつも決め台詞で弟子のこむすびまんでさえも寄せ付けない領域に踏み込んでしまった彼女の一途さに、おむすびまんが心許してしまった唯一の例外である。が、実は当時しつこくストーカーされていたたぬきおにから守ってもらうのが真の目的であり、一晩アーン♥♥した後はアッサリと旅路へ送り出している(曰く「私、さすらう男に惹かれてしまうの」との事)。また、ばいきんまんに拉致されて山中で一夜を明かした時は「ねぇ、知ってる? 肌と肌を合わせるとね……すごく、あったかくって、気持ちいいのよ?」と持ちかけ、その後どうなったかは言うまでもない

顔投げ編集

バタコさんを語る上で、最も重要なのがかの有名な「アンパンマン、新しい顔よー!」と焼き立ての顔を投げるあの絶技(いわゆる「顔投げ」)である。ばいきんまんや敵による意図的な送球(?)妨害を除かなくても、99.99%軌道上にどんな障害物があろうと物理的にありえないカーブを描きながらアンパンマンの頭頂部に命中、みごと新しい顔に交換されたアンパンマンによって物語はハッピーエンドに導かれるのである。アンパンマンの活躍は彼女の絶妙な投擲技術によって支えられていると言っても過言ではなく、地味で疲れるパン作りなんかやめてしまって、いっそ大リーグにでも行こうかしら……と、そんな事を彼女が夢見たとしても決して不思議ではないのである(バタコさんが投げる速度はアニメ漫画等でも本気をだしたことはないらしい.)

しかし、彼女の投擲技術はあくまで両手を使ったものであり、片手だけではバランスがとれないばかりか、そもそも長年投げ続けてきたのがアンパンマンの顔でしかなかった[2]ため、野球ボールを投げる感覚すらまともにつかめなかったため、大リーガーとなる夢はあえなく挫折、今日もアンパンマンに新しい顔を投げつける日々はこれからも続くのであった。(一部のファンの中ではアンパンマンの顔の重さは3kgで両手で持てないらしい.[[むしろ持てた方がおかしい]) 余談ではあるが、某バスケ漫画に出てくる◯子テツヤの一連のパス動作は、バタコのこの正確無比なコントロールが元ネタとなっているとの噂が出ている。

また飛んで行ったアンパンマンの古い顔は地面に転がりながら朽ち果てる覚悟をしなければならない。

脚注編集

  1. ^ アニメ第1話で「私、孫のバタコ」とアンパンマンに自己紹介している。
  2. ^ 逆にいえば、彼女はアンパンマンの顔以外は何も投げ出した事はなく、すべてやり遂げてきた事を意味している。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「バタコさん」の項目を執筆しています。
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「バタコさん」の記事を執筆しています。
  うわっ。バタコさんがふやけて力が出ない
……バタコさん早く新しい顔を~……  (Portal:スタブ)