ハイジャック

ExtremeSportsLogo.PNG
このハイジャックは顕著な普遍的価値を有し、我々人類の尊守すべき伝統であると同時に実用性且つ効用性に優れたスポーツであり、我々アンサイクロペディアンオリンピック種目登録を含め、世界にその価値観を広めていきます。

ハイジャックは、地球の生成と人類歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからものです。それは国際協力を通じた保護のもと、国境を越え今日に生きる世界のすべての人びとが共有し、次の世代に受け継いでいくべきものです。さあ、本記事をご覧になっているあなた、我々の崇高な目的に協力をお願いします。

Donation button.png
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ハイジャック」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「ハイジャック」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ハイジャック」の記事を執筆しています。

ハイジャック(hijack)とは、飛行機などの乗り物において行われるエクストリーム・スポーツである。多くの場合飛行機で行われるため、「ハイジャック」と言った場合は飛行機でのスポーツを指すことが多い。ただし、バスなどでも行われることがあるため、バスの場合は「バスジャック」、船の場合は「シージャック」とも呼ばれる。

概要編集

時は冷戦の最中、毛沢東などによる革命輸出路線により、世界中でテロが勃発し、各国の治安維持機関はテロ対処能力を向上させるべく日夜訓練を行っていた。しかしありきたりな訓練では隊員たちの士気を保つことはできず、訓練のマンネリ化を防ぐ手立てを立案すべく指揮官たちは日々ブレインストーミングを行った。そのような背景の下で考案されたエクストリーム・スポーツがハイジャックである。21世紀の現在では漫画やドラマの主題としても扱われるようになり、スポーツ界にとどまらず多方面に影響を呼ぼしている。

ルール編集

  • ディフェンス側とオフェンス側(ディフェンス側=人質・乗務員側、オフェンス側=乗客側)
  • ディフェンス側とオフェンス側のどちらが行きたい場所に、乗り物を移動させることができるかを競う。
  • ディフェンス側が行きたい場所に乗り物が到着するか、オフェンス側を確保・撃退するなどすれば、ディフェンス側の勝利。
  • オフェンス側が行きたい場所に乗り物が到着すれば、オフェンス側の勝利。
  • ディフェンス側は武器を使えないが、オフェンス側は武器を使ってディフェンス側を脅すことができる。
  • オフェンス側は乗り物を自由に操ることができないが、ディフェンス側はオフェンス側の目を盗むなどして乗り物を操ることができる。
  • オフェンス側とディフェンス側の双方に甚大なダメージが出た場合などは、ドロー扱いとなる。

過去の主なハイジャック大会編集

以下は、過去に行われた主なハイジャックの大会の一覧である。

よど号ハイジャック大会編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「よど号ハイジャック事件」の項目を執筆しています。

1970年3月に、東京から福岡に向かっていた日本航空の351便(ボーイング727)において開催された。この時のオフェンス側は日本赤軍のメンバーであった。この大会において、オフェンス側は亡命目的で飛行機を利用し、大韓民国を経て偉大なる将軍様のいらっしゃる王国へと渡った。このため、オフェンス側が勝利した。なおこの大会は、日本において初めて行われたハイジャックの大会である。

ドバイ日航機ハイジャック大会編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ドバイ日航機ハイジャック事件」の項目を執筆しています。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

ダッカ日航機ハイジャック大会編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダッカ日航機ハイジャック事件」の項目を執筆しています。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

全日空857便ハイジャック大会編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「全日空857便ハイジャック事件」の項目を執筆しています。

1995年6月、東京から函館に向かっていた全日空857便(ボーイング747)において開催された。この時のオフェンス側は、尊師を尊敬しているオウム信者を自称する男であり、サリンに見せかけたただのでディフェンス側を脅した。本来オフェンス側はこの男1人しかいなかった。しかし、オフェンス側に複数人がいるように見せかけるため、同一人物が何度もこっそりと服装を変え、顔も隠す作戦を実行した。しかし、靴だけが変わっていなかったため、この作戦は見破られてしまって失敗に終わった。しかしオフェンス側は、ディフェンス側が権利行使を依頼した特殊部隊による全力攻撃により、あっけなく敗北。ディフェンス側の勝利となった。

全日空61便ハイジャック大会編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「全日空61便ハイジャック事件」の項目を執筆しています。
ナニモノかがウィキペディアに「西沢裕司」の項目を執筆しましたが、独裁者の魔の手によって削除され、再執筆を阻止すべく、封印されて証拠隠滅されてしまいました

1999年7月、東京から札幌に向かっていた全日空61便(ボーイング747)において開催された。この時のオフェンス側は、幼い頃からガリ勉で飛行機オタクの「西沢裕司」という男であった。西沢は、飛行機を操縦するゲーム「フライト・シミュレーション」を愛用しており、これを2次元(ゲーム)だけではなく、3次元でも行わないと気が済まないようになった。包丁という武器を使用してディフェンス側のパイロットを脅し、ゲームのように低空飛行などを楽しんだ。西沢はさらに、飛行機を自ら操縦して、お台場レインボーブリッジを潜るという、大胆な計画を実行しようとしたものの、それを実行する前にディフェンス側に取り抑えられてしまい、あっけなく敗北してしまった。この大会でもディフェンス側が勝利した。

西鉄バスジャック大会編集

詳細は「西鉄バスジャック事件」を参照

アメリカ大規模ハイジャック大会編集

詳細は「アメリカ同時多発テロ事件」を参照

本大会は他の大会と異なり、オフェンス側とディフェンス側の双方に甚大なダメージが出たためドロー扱いとなっている。一方でこの大会をきっかけにジョージ・ブッシュ大統領の支持率が大幅に上がったため、ホワイトハウス漁夫の利を得たと評されることもある。

関連項目編集

この項目「ハイジャック」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)