メインメニューを開く

Uncyclopedia β

ニラ

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニラ」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ニラ」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ニラ」の記事を執筆しています。

ニラとは、いわゆる雑草の一種。ミント大葉と並ぶバイオテロ植物として、繁殖危険植物に指定されている。

目次

概要編集

ニラは分類上ではネギ科の多年草だが、生命力が異常に強く病害虫による被害を殆ど受ける事がない。また強い臭気により周辺区域の虫に対する忌避効果もある為、虫害防止に植えられる事もある。しかしその繁殖力は異常の一言であり、小さな家庭菜園程度であれば一ヶ月と経たずにニラ以外の植物が枯れ果てニラ園と成り果てる。更に種が広範囲に流布される為、付近一体を汚染してしまう[1]

ただし独特の臭気は光合成により強くなる傾向があり、陽が当たらないように調整する事で臭害を軽減する事が可能ではある。その場合も繁殖力は変わらないので、一般家庭での最終的な対応は「他の植物諸とも除草剤で全滅させる」以外に無い[要出典]。加えてニラの生命力を考えると、地域一帯に今後何年も草木が生えない程強力な除草が必要となる[2]為、環境保護の観点から危険植物となっているのである。

用途編集

ネギ科ということで一応は食用可能だが、全部位に上記の通り臭気を纏う為料理に遣うのは非常に難しい[3]。ニラの自生比率が高い栃木県などでは、大量に刈ったニラを始末する為に香味野菜として餃子ニラ饅頭にする他玉子で閉じて食べる場合もある。

一部地域では、その臭いと繁殖力が性的能力の強化を想起させるとして精力剤的に扱われるケースもある[4]。精力剤研究家[誰?]の間ではセックスミネラルとも呼ばれるが、胃腸への負担が非常に大きいという副作用があるため専門家に相談せず実行するのは好ましくない。また江戸時代の日本では勃起不全治療薬の原料にもなっていたとされ、そのせいで社寺仏閣に持ち込むことが許されない「五葷」[5]の一つに含まれている。

脚注編集

  1. ^ ミントや大葉の場合も同様で、隣家へ種を一粒放り込むだけでガーデニングどころか住むことさえ困難にする「ミント(大葉)テロ」が近年社会問題となっている。
  2. ^ 中途半端な除草ではニラだけが生き残り、荒れ果てた荒野を我が物顔で埋め尽くす事態になりかねない。
  3. ^ 癖の強い食材(豚肝臓など、いわゆるモツ系統)の臭いを相殺する為、あわせて炒めるなどする場合もあるが好みは分かれる。
  4. ^ ニンニクや馬肉など、癖の強い食材を合わせると効果が強くなるとされる。
  5. ^ ニンニクラッキョウネギタマネギ。プラスで獣肉・魚肉・鶏肉を加えて「八戒」となる。河童に連れられて天竺に行った豚の名前はこれに因む。

関連項目編集