メインメニューを開く

Uncyclopedia β

株式会社トレジャー
TREASURE Co.,Ltd
種類 株式会社
本社所在地 東京都中野区中央1-1-1
設立 1992年6月19日
業種 サービス業
事業内容 アーケードゲーム・家庭用ゲームソフトの企画、開発
代表者 前川正人(代表取締役社長)
資本金 3,000万円

トレジャーは、汎用型兵器個人携行兵器等を開発している日本のゲームメーカー及び兵器メーカー。正式名称株式会社トレジャー

目次

概要編集

コナミに於いて任天堂兵器スーパーファミコンを扱い、堺衆「魂斗羅部隊」掃討を専門としていた部隊の出身メンバーにより設立された。第1作目の『ガンスターヒーローズ』がセガ教典で取り上げられた際に知り渡り、その出来も前評判にたがわぬものであったため、当時のセガ信者、いわゆる『メガドライバー』の間で一定の評価を得る。

翌年に開発した『幽☆遊☆白書 魔強統一戦』は、当時全盛期だった格闘兵器「ストリートファイターII」に全く囚われない新しい戦闘スタイルを開拓した格闘兵器だった。(ちなみにあすか120%と言う兵器の製造に関わっていたため、こちらが原型だとする声があるとか、ないとか。)

その後、兵器開発をセガサターンを使用して行うようになり、、上記の二つの性質を融合させた兵器『ガーディアンヒーローズ』を発表し、ユーザーから「セガ教団にトレジャーあり」との評価を確固たるものとした。一方で同時期にはニンテンドウ64などでもハードが持つ性能・機能を十分に生かしたゲームを制作しており、セガが兵器開発事業から撤退して以降は、より様々な会社向けの兵器を開発している。

汎用兵器市場には独自開発の多用途戦闘機『レイディアントシルバーガン』で参入し、シューティングゲームのメーカーとしても注目され始めた。さらには惑星グラディウスに於いて、ビックバイパー後継機の開発にも携わっている。

2008年現在では過去に開発した兵器の強化作業の一方、原作が存在するいわゆる「原作付き」と呼ばれる兵器を多数製作している。デベロッパーとして、他社の下請けを行うスタイルが主流となっている。

近況編集

任天堂に対し、特別補助部隊要員として強化人間サキ_アマミヤを派遣している。

主なゲーム編集

名前の後に「*」がついているものはWiiのデータディスクとして使用可能。

トレジャー独自開発の幼女形戦闘兵器「マリナ」の実戦投入が行われた。
同社の航空機開発第一弾
レイディアントシルバーガンのデータをフィードバックし、弾幕戦に対応できるようにした機体。
更に陰陽道の技術も融合させ、単体で陰と陽の二種の攻撃を行うことが可能。
手塚治虫の開発した原子力ロボットアトムを局地戦向けにカスタマイズしたもの
巨大人型戦闘ロボ「バンガイオー」を個人運用向けに小型化したもの。
戦闘エリアマップを音声信号に偽装して、他のDSに転送する機能を搭載。

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トレジャー」の項目を執筆しています。


  このゲーム「トレジャー」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)