メインメニューを開く

Uncyclopedia β

オリンピックしぐさ

東京書籍公認 文部科学省検定済
本記事は、教科書出版の最大手東京書籍が編纂した「小学校道徳授業案「江戸しぐさ」」(文部科学省承認)において関連ページとして掲げられた、正確な記事です。みなさまの学校・地域・家庭における正しい道徳教育にご活用ください。

オリンピックしぐさとは江戸っ子たちが積み上げてきた行動哲学の一種である。このしぐさの数々は世界が驚く日本の誇りである[要出典]

概要編集

徳川幕府が置かれたことにより日本の中心となった江戸では、定期的に大規模な祭りやイベントが開催されるようになった。全国各地から集まってきた沢山の人々をおもてなしし、開催される大規模な祭りを成功に導くために編み出された知恵や工夫、行動指針、道徳などが、江戸の町人や武士の間で代々受け継がれていた。それらを体系化したものがオリンピックしぐさである。

江戸時代には江戸中の人々がオリンピックしぐさを実践しており、また、そのほとんどが同時に江戸しぐさも身に着けていた。ゆえに、オリンピックしぐさを江戸しぐさの一部と見なす学説も存在する。

明治時代に入ると、江戸しぐさやオリンピックしぐさの伝承者達の結束力を恐れた明治政府が、伝承者たちを老若男女かかわらず虐殺したため、江戸しぐさやオリンピックしぐさは失われてしまった。これがかの有名な「江戸っ子大虐殺」である。

ゆえにオリンピックしぐさは長らく忘れ去られていたが、石原慎太郎猪瀬直樹小池百合子といった研究者の努力によって、その実態が明らかとなった。彼らはそれを「オリンピックしぐさ」と命名し、東京オリンピックパラリンピックを成功に導くために欠かせない行動指針として都民に定着させようとしている。

オリンピックしぐさの一覧編集

 
傘かぶりの例。
傘かぶり
江戸の町人たちは、暑い時期に祭りがある時は、熱中症対策のために図のようなスタイリッシュな傘をかぶって暑さを乗り切った。
風鈴ならし
炎天下で祭りを行う際に、少しでも涼しいと感じられるように沿道などに風鈴を飾り付けた。
打ち水まき
上と同様、沿道に水を撒いて、少しでも温度を下げようと工夫した。
朝顔行列
祭りの行列に朝顔を並べて、少しでも参加者を涼しい気持ちにさせようと気を配った。
時ずらし
祭りの開始時間を2時間ほど早めて涼しい時間帯に開催するようにした。(祭りの開催時期は常に夏場と決まっていたため、開催時期を涼しい時期にずらすということはせず、あくまでも開始時間を早朝にずらすという対策を取った。)
無償働き
大きな祭りでは町人や武士が率先してボランティアとして働き、客人をおもてなしした。また、寺子屋の子ども達も自ら進んで積極的に祭りに参加した。その際に発生する交通費や宿泊費などは全て彼らが自己負担した。
うんこ浮かせ
祭りの期間中、江戸湾に大便をばら撒き、そこで水浴びをした。これは、あえて汚れた水の中で泳ぐことにより、大腸菌にも負けない丈夫で健康な体を手に入れたい、というおまじないの意味が込められている。
愛国しぐさ
祭りでは相撲など様々な競技も行われた。そこに参加する者は故郷の威信をかけて真剣に戦うということが美徳とされ、「楽しんで」参加するなどもっての外とされていた。また、上位入賞者に配られる記念品を噛んだりする行為も禁忌とされた。
快適言葉
たとえどんなに暑くても「夏の江戸は快適な気候」と説明して、参加者に安心して江戸に来てもらえるように配慮していた。
内密ばなし
祭りの準備を担当する町人の会合は非公開とされ密室で行われた。(江戸初期には会合が公開されていたが、次第に身のある議論を行うためには非公開とする方が望ましいとされるようになった。)
徹夜語らい
祭りを支援する町人や武士は祭り前日の深夜に集合し、徹夜で交流して士気を高め、本番に臨んだ。
麗雅椎残し
祭りで使われた綺麗で優雅な建物のことは「麗雅椎」と呼ばれた(椎は当時よく使われていた建材)。祭りで金を使えば使うほどその後長く麗雅椎が残り江戸の役に立つことから、たとえ庶民の生活を犠牲にしてでも立派な麗雅椎を作ることが美徳とされた。
木材さしだし
上記の麗雅椎を作るために日本全国から立派な木材が集められた。江戸の祭りに参加することは大変名誉なことと考えられていたため、材木業者は皆喜んで木材を無償提供した。
道塞ぎ
江戸で大きな祭がある期間中は、主要な街道が封鎖されたり、幕府が通行料を徴収したりした。これによって人々の往来を少なくし、祭りをスムーズに執り行うことができた。
欧州忌み
祭りの責任者たちはヨーロッパ、特にフランススイスを訪れたり、それらの国の物を使うことを嫌った。これは、一説によると、ヨーロッパ諸国はオリンピックしぐさを潰そうとして祭りを妨害してきたため、それを回避するための措置であったという。オリンピックしぐさの伝承者である竹田恒和がスイスでの会合を欠席したのも、欧州忌みの伝統にのっとったものであると言われている。
雪冷房
暑さをしのぐために越後から雪を持ってきて雪冷房と呼ばれる氷室を造った。これはエレキテルを使わないので、大金をかけて造られた。

関連項目編集


この項目「オリンピックしぐさ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)