メインメニューを開く

Uncyclopedia β

エースコンバット6 解放への戦火

エースコンバット6 解放への戦火』(ACE COMBAT 6 解放への戦火、通称エースコンバット6)は、バンダイナムコゲームスより2007年11月1日に発売された恋愛シミュレーションゲームである。プラットフォームがXbox 360になり性能が向上した。エースコンバットシリーズ国内第8作。オンラインにも対応する。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エースコンバット6 解放への戦火」の項目を執筆しています。

目次

ストーリー編集

1999年の隕石ユリシーズの落下から16年後、アネア大陸では隕石被害によりエストバキアが内戦状態に、その影響でえめりあの首都・グレースめりあ市に住む主人公の元に魅力的なキャラが多数押しかけてくる。

主な登場人物編集

エメリア編集

タリズマン
今作のメインヒロイン。ああだこうだとみんなに指示する。委員長タイプ。
でも相変わらずびっくりするほど空気。
マーカス・ランバート(CV:小山力也)
今作の主人公。子持ちだが気にしない。エストバキアの影響でタリズマンと出会う。
首都グレースメリアの放送局を奪還した時に、<<グレースメリアのみなさ~ん!!うたわれるものですよ~!!!>>とやりたがったが、タリズマンに阻止された。
過去にシカゴの病院のイケメン医師だったり、窃盗団のボスだった過去も有ったりする。
面白半分でエッフェル塔を倒したこともある。
これを応用し、無理ゲーダンジョンと化したホテルを建物ごと爆破したこともあるが、こちらは正義の味方としての行動である。
CTUロサンゼルス支局チーフ時代にカロリーメイト一箱で24時間戦ったとか‥
メイド服を着ている事に突っ込むのは禁則事項ですよ。
かつては環境過激派でありラスボスであった。
メリッサ・ハーマン(CV:久川綾)
32歳。今作の熟女要員。「三十路過ぎたら女じゃねぇ!」←byエストバキア軍中佐V・Vはこの後収容所に連れて行かれました。
ベルカあるいは上記の環境過激派繋がりで出演しました。
昔はある船の艦長でした。
マティルダ・ハーマン(CV:坂本真綾)
9歳。今作の炉利要員。
途中お話を聞かされるけど、なかのひとがあの人じゃなかったので安心したという。
もしあの人なら.....ゲーム終わるね。

エストバキア編集

ヴィクトル・ヴォイチェク(CV:失恋リーダー)
エストバキアの中佐。最初にうっかり落とされ左遷されエメリアにやってくる。
トーシャ・ミジャシク
シュトリゴン隊のパシリ。りんご係。
ルドミラ・トルスタヤ
りんご係の彼女。残念ながら攻略対象ではない。
イリヤ・パステルナーク(CV:阿部高和)
 
パステルナーク兄貴
我らが兄貴。すごく・・・UFO(ウホッ)機動です・・・。
通称『パステルナークの兄貴』。主人公のライバル。
何故かいつもベンチに座っている。目がマジだ
「そのリンゴ一つ く れ な い か」
「知ってるも何も俺はその為にホイホイ呼び出されたんだぜ?」
「いいこと思いついた。全機進路90をとって、戦線を離脱しろ」
兄貴が主人公のえすこんテクニックはエストバキアで発売中だそうで・・・アッー

関連項目編集


  このゲーム「エースコンバット6 解放への戦火」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)